ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
飼育している場所横にゴルフ場あり農薬散布。ハチミツへの農薬残留の恐れはありますか?

ミツサダ 活動場所:自宅
初めて年を越した未熟者です。よろしくおねがいします。
投稿日:6/15 , 閲覧 196

ゴルフ場が年に4月、6月とニコチノイドを散布します。散布の時は巣門を閉じ散布後2時間くらいで開けていますので被害は出ていませんが巣門を閉じてないとき2度被害に会いました4年くらい前ですゴルフ場が蜂の検査を出したが検体が少ないため農薬は出ませんでした。これを機会に被害にあった農薬より軽いものに変えてくれましたがあくまで農薬なので蜂蜜に農薬が在るのではと心配になっており蜜も人にプレゼントして良いものか気になっております。検査料金が高いので思案中です。


運営

タイトルを変更しました。変更前 飼育している場所横にゴルフ場あり農薬散布

+3

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 2

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:6/15

散布された場所に残留してるネオニコチノイド系農薬も気になるところです。低濃度でも影響して~時間を経て蜜蜂群を全滅に至らしめることになるからです。

閉じ込めは、直接農薬暴露による影響を見た目低減させたに過ぎません。

ちょっとでもその農薬を浴びた蜜蜂は死んでしまうので巣内蜂蜜に混入することはないでしょうが、低濃度を摂取した蜂たちのその後を考えると蜂には何らかの影響があるものとは思います。

検出できない超低濃度は政府が今のところ影響なしと保証されてるので配る分には多分大丈夫なのではないでしょうか⁉

+4
ミツサダ 活動場所:自宅
投稿日:6/15

有り難うございます。今年は7群からから21群分蜂があり蜂友に譲ったので本巣を入れ17群飼育しており大変忙しくしており順調です。

Sambar 3839 活動場所:高知県長岡郡と愛媛県四国中央市
実家の近くで飼育している大先輩と、うちの蜂がおまんくに行ったやら来たやら言いながら楽しくやっております。
投稿日:6/15

こんにちは。

ニコチノイド系殺虫剤は曝露による殺虫と、植物自体に浸透移行し、防除する物です。散布後、薬効がある期間に花が咲けば蜜や花粉にも微量でも成分が含まれると思います。

ゴルフ場では除草剤の散布も行われていると思います。分解されれば良いですが散布された薬剤は、雨水路に集まりますからあまりよくはないかもしれませんね。

+3
ミツサダ 活動場所:自宅
投稿日:6/28

遅くなりました。有り難う御座いました。

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中