ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
現在花芽がついていないキンリョウヘンの今秋以降の管理について

akityama 活動場所:岡山県南部(平野部)
岡山県で2015年より日本蜜蜂の飼養をスタート。初(2015)年は3群捕獲したものの7月に全て逃去。2016年は春先から5月上旬にかけて6群捕獲(捕…もっと読む
投稿日:11/3 , 閲覧 233

今年の株分け時期がやや遅かったのか、花芽が付いていないキンリョウヘンが数鉢あります。これらのキンリョウヘンの成長を促進するため今から来春にかけて肥料(薄い液肥等)を与えてもいいものでしょうか。元来、蘭は肥料食いではないと聞いていますが? 来春にかけて花芽無しキンリョウヘンの育生注意点をご教示ください。

+3

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 1

T.Y13 活動場所:群馬県
時々話題になるダムの近くです。
投稿日:11/4

今の時期は休眠させてやらなければならないので乾き気味にして肥料はやらないで灌水間隔もあけてやります、今肥料をやって乾き気味にすると根を傷めてしまいます。

凍る心配のない地域なら外のやや日陰に置くのが急激な水分の変化がなくていいです。軽い霜くらいなら枯れる事はありません、冬の間は2~5℃くらいの場所におき春になって新芽が伸びてきたら肥料をやります。

温室があって最低温度が15度くらいを保てるのであれば新芽が伸びて生育を早められるので肥料をやってもいいですが、芽の伸びる時期が狂ってしまい、来夏に2番伸びをして反っておかしくなってしまうかも知れません、ただこの点については株によって差がありそうで冬も暖かくしてやれば生育が早まっていい状態になる株もあるようです。

+3
akityama 活動場所:岡山県南部(平野部)
投稿日:11/4

T.Y13さん ご教示有難うございます。休眠期間をとりその間は肥料は与えず潅水の期間も伸ばすことが大事ということ良く分かりました。置き場所と気温のこと、そして新芽が伸び始めてから施肥すること等心したいと思います。

投稿中