ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
午後涼しいけど巣門で多くの蜜蜂が風を送っている。暑さ対策を教えてください

yosimura 活動場所:大分市
3年経ちました。1年目はインターネット(特に京都日本蜂週末養蜂の会)で知識を得ました。4箱入居全て冬を越せなかった。2年目8箱入居2箱冬を越した。3…もっと読む
投稿日:2013 6/4 , 閲覧 2,083

6月4日午前中は暑かったのですが、午後は涼しい風が吹いてるのに守門入り口で多くの蜂が風を送っています。箱の中が暑いかもと思います。直射日光、反射熱はありません。納涼対策を教えてください。

0

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 3

tamari- 活動場所:埼玉県入間市
生まれた時から18年間祖父から父へ受け継がれた日本蜜蜂のいる家庭でした。故郷を離れて幾年月……もはや60年。そしてあるとき、突然、昔懐かしいあのミツ…もっと読む
投稿日:2013 6/5
私の巣箱ご紹介。巣箱を作るとき、底を20cm×20cmくらい切り抜いて、ミツバチが出入り出来ない程度の金網を取り付けております。夏は底板を抜いて、短い底板を差し込んで、底から風が入るようにしました。暑い時期には、蓋の部分の右側のビスを2個外して横板を1枚外してやります。(左側でもOK)。蓋の部分(スノコの右側)にわずかな隙間が出来て、暑い空気はそこから逃げるようにしました。蓋の部分からは蜂が出られないように、ここにも金網を使用しています。埼玉T
0
小山 活動場所:京都府
投稿日:2013 6/5
2,009年頃からミツバチの調子が悪くなり、この頃から夏の気温が35℃を何度も超えるようになりました。
暑さのためにミツバチが不調だと考え、巣箱の暑さ対策(新台の開発、上蓋の改良、巣箱の周りの直射光対策)を行いました。
しかし、依然として逃去死滅の群れが多く発生しています、一方効果があったのか畑の真ん中で日除けもない群れから秋にはたくさんの蜜が収穫できる事もあります。
結果現在は、暑さ対策も必要ですがミツバチの不調の原因は他にあるのではと思っています。
小山 活動場所:京都府
野生の二ホンミツバチが好んで営巣する、樹洞や民家の床下の環境に出来るだけ近い巣箱の製作を心がけ、二ホンミツバチに快適に営巣してもらえるように日々努力…もっと読む
投稿日:2013 6/5
採餌して巣箱に持ち込まれた蜜は糖度が低いので、水分を飛ばすために扇風して換気しています。

巣箱の中が暑くなれば夥しい蜂が巣箱の外に出てきます。
0
you10falldone 活動場所:岡山県
毎日を精一杯!! 座右の銘 優柔普段??
投稿日:2016 8/30

一昨年までは底板に金網付きをしてましたが、外気温に左右されて却って内部の気温を、変動させる原因になってたように思います。

今年は底板はそのままにして、水場を近くに作る事だけ考えました。

あと、昼以降に直射日光が当たらないようにする事。

もしあたるならダンボールやベニヤ板の内側にアルミホイルやアルミ蒸着したクッション材を貼り付けた板を作り、割り箸等で巣箱から少し隙間を作って板を貼ってやると、遮熱効果抜群ですよ。家で言えば外断熱るみたいな効果があり、太陽の光の影響を受け難くなります。




0
小山 活動場所:京都府
投稿日:2016 8/31

you10falldoneさんこんばんは、

底板に金網付きの効能は使用したことがないのでよくわかりませんが、巣箱に直射光は終日当たらない方が良いと思います。

巣箱近くに水場があるのは理想的です、ない場合近くの水田などに行き、農薬などの影響を受けることがあるようです。

アルミホイルやアルミ蒸着したクッション材を、貼り付けた板を作るとよいと思いますが、私は手抜きしてベニヤ板を巣箱の幅と高さに合わせて切断して、両端に厚さ15㎜の木材を挟んで、南側、東側、西側に取り付けています。

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中