管理人
  • 都道府県: 京都
  • 飼育群数:
  • 養蜂歴: 10年
  • 使用している巣箱: 重箱式巣箱

75,110ポイント 4位

このホームページの管理用アカウントです。約10年にわたり初心者のサポートをしています。 このサイトの運営・システム開発の他、ニホンミツバチの教材( http://korenara.bee-book.net/) の開発や、キンリョウヘンの誘引成分を合成した画期的製品、分蜂誘引剤( http://xn--7ckf0b6c863w75p1t3e.net/ ) の普及活動を行っています。

フォロー
15
フォロワー
24
バッジ
29
返信
5
愛好家の皆さんに分蜂を報告していただくことで、日本のどこで分蜂が起こっているかが分かるようになる分蜂マップ。 今年は早くも投稿数が1000件を突破し...
4/27 に投稿
返信
2
飼育日誌の製本サービスの第一弾として、まずはいろんな方の飼育日誌を運営で選んで一冊の本にすることになりました。 このあとは、個人の製本のサービスも開始する予定です...
4/26 に投稿
返信
10
前回、飼育日誌の製本化についてアンケートを実施しました。 大変前向きな意見をいただきました。今後実現に向けて準備を進めていきます。 ただ、仕上...
4/19 に投稿
返信
2
ミツバチQ&Aをご利用くださる方が増え、投稿数もどんどん増えてきました。 そこで、投稿一覧ページで、フォローしているユーザーの投稿のみを絞り込んで表示できるよう...
4/17 に投稿
返信
2
ミツバチQ&Aの公式Tシャツに白色にオレンジ色のプリントのバージョンが登場します。 5月下旬に発売予定です。 また、ご要望の多かった男性Sサイズ...
4/15 に投稿
返信
3
飼育日誌をたくさん書かれている方に、これまで書かれた飼育日誌を製本して差し上げるというサービスを検討しています。 これまでに投稿していただい...
4/13 に投稿
返信
4
飼育日誌が大変増えてきており、全てを読みきれなくなってきました。 これに合わせて、飼育日誌の下部分の仕様を変更いたしました。 自分が読みたい、特定の人の飼育...
4/12 に投稿
返信
12
少し天候が悪い日が続いた後に天候がよくなったこともあり、分蜂マップ ( http://www.swarm-map.com/ )には、1日に50件もの捕獲の報告が届きました。これは過去最高の報告数...
4/11 に投稿
返信
0
待ち箱ルアーは例年は7月頃まで販売しておりますが、今年は4月末ごろに終了の見込みです。 例年、待ち箱ルアーのほぼすべてはは3月末までに製造されてい...
4/6 に投稿
返信
8
3月25日から九州で分蜂報告が一気に増えました。今年の3月26日時点での分蜂マップは、九州を中心にたくさんの分蜂報告が寄せられています。 昨年の分蜂報告を見ると、3月26...
3/27 に投稿
回答
1
巣箱のダニ対策ですが、どうしていますか? 松ヤニに効果があると聞きましたので、この油と竹酢を水に薄めて散布してみようと考えているのですが、水と油は分離しますよね。 何か...
2012 11/17 回答
回答
2
私もミツバチを育ててみたいのですが、いつ頃から始めたらいいのですか?
2012 11/12 回答
回答
1
京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が開発した重箱式巣箱専用の新型の鉄製台の動画を見ました。 【動画】京都ニホンミツバチの会 新型鉄製台 /HIgu3J81oWc   ...
2012 11/12 回答
回答
1
蜂蜜をためたり子育てする所です。 変わらず元気に活動しています。 すむしは相変わらずたくさんいましたがこまめに取り除いていますので大きいのはいなくなりました。 よろしく...
2012 11/6 回答
回答
2
土壁に周囲を塞がれた15㎝✕60㎝程の狭い空間に 日本ミツバチの巣ができていました。土壁を壊さないと巣を取り除けないので 仕方なく壁を壊したため 蜜はたくさんあっ...
2012 11/5 回答
回答
1
20日くらい前は白くきれいでしたが今日すむしを綺麗に取り除こうと見ましたら見えるほとんどの所が黒っぽくなっていました。 それ以外はいつもと変わらないような気が...
2012 11/5 回答
回答
2
お世話になります。 今年の5月頃からの ニホンミツバチのはちみつを ミツバチが逃亡したため 7月下旬に採蜜しました。 ところが、あまり濃い蜜ではなく 少...
2012 11/2 回答
回答
1
こんにちは、いつもお世話になります。私、写真の様な巣箱で飼育していますが、これから、気温が低下し、時には-5,6度の時期もあるかと思いますが、防寒設置はどの様にした...
2012 10/10 回答
回答
1
長野県在住です。八ヶ岳の山麓で冬の寒さは―10度以下になります。巣の板厚は14ミリです。 今考えている事は段ボールを張って稲わらで作ったゴザをまこうと思っています...
2012 10/10 回答
play_arrow
回答
1
自然入居した直後、10分ほどしてから多数のミツバチが出てきて巣門をがりがりとかじっています。 巣門を広げようとしているのかと思いましたが、関係ない部分もかじっ...
4/19 に質問
回答
1
沖縄にはニホンミツバチは生息していないと言われますが、奄美大島には生息していますし、台湾にも生息しています。 沖縄でも台湾に近い西表島にはニホンミツバチは生息して...
4/3 に質問
回答
7
風媒花なので、これまで特に観察などをしてなかったのですが、トウモロコシが良い花粉源だという記述を見つけました。 夏場にニホンミツバチはたくさん来ていますか? ...
2017 12/28 に質問
回答
3
蜜源植物について調べているときに、とあるブログで紹介されていたのですが、蜜源植物について良い書籍だそうです。 ただ非売品のようで、どうやったら手に入るかが分かりま...
2017 12/24 に質問
回答
8
12月10日の京都のニホンミツバチ養蜂研究会では、サックブルード病についての講演もあります。 サックブルードはどの地域で発生しているのでしょうか?あなたの地域では発生...
2017 11/27 に質問
回答
4
東北の方から、キンリョウヘンの栽培が東北では難しいので、待ち箱ルアーが役立つというようなお話を聞きます。 特にどのようなところが難しいでしょうか?寒いので冬場に凍...
2017 11/16 に質問
回答
3
このサイトには、フォローという機能がありますが、今まではそこまで活用されていません。 今後、投稿がどんどん増えて来た時に、投稿を見逃さないようにしたいという方向け...
2017 11/16 に質問
回答
6
ニホンミツバチは高度な社な会的生態も面白いですし、スズメバチなどの外敵がたくさん現れること、ダニなどの興味や、蜜源でハチミツの味が変わることなど、面白いことばかり...
2017 11/10 に質問
回答
4
ニホンミツバチのイベントなどでも、女性の方が圧倒的に少ない印象があります。 昨年の京都で開催された、ニホンミツバチ養蜂研究会では、男女比が9:1くらいでしょうか? ...
2017 11/9 に質問
回答
3
女王蜂と雄蜂は上空で交尾しますが、集合場所があると聞きました。 数十年前に藤原養蜂場さんがニホンミツバチの交尾場所を発見されたそうです。 ミツバチの飛行距離を考...
2017 11/9 に質問
回答
7
世田谷区の管理する公園でボランティアをしています。畑も有していてそこに於ける 栽培などもボランティアが行っています。 公園の「里山風景再現」や「畑地の作物の花の...
2017 10/21 に質問
回答
3
今年5月4日にソフトボール大の貧弱な群れがキンリョウヘンで自然入居しました、まともに育つかどうか心配でしたが日に日に蜂の数が増え帰巣数が一分間に143匹の日も有り...
2017 10/19 に質問
回答
12
質問者は、何らかの事情でサイトに訪問する事が出来ないのかも知れません。 しかし、5日も全く反応が無いと、どうかしたのかな?と心配な面と、無視された様な寂しさが入り混...
2017 8/30 に質問
回答
2
タイトルの記事を見つけました。 https://www.kochinews.co.jp/article/120464/ 忌避剤販売を期待したいです。
2017 8/26 に質問
回答
2
当方今年からのチャレンジでまだミツバチ君が入居したと言う情報はありませんが、とかく言われる「スムシ」はそもそもどの様にして巣箱の中に侵入するのですか?ハチノスツヅリ...
2016 4/7 に質問
投稿中