ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する
【オフ会情報】Wild Beeさんが7月3日から5日の間、東北新幹線の主要駅前でオフ会を企画中です。詳細はこちら

優.守さんの初めての質問です。ぜひ温かく迎えてあげてください。

ニホンミツバチ
最近小さなオス蜂が増え蜂も減少困っています。

優.守 活動場所
この質問者はプロフィールを入力していません
投稿日:3/12 , 閲覧 125

2月の中旬までは花粉の持ち帰りもして活発に活躍し分封を楽しみにしていましたが10日位前から小さなオス蜂がブンブンと音を立てながら飛ぶようになり花粉の持ち帰りもなく心配しております。内検してみると蜂の数も極端に減り巣も丸見えの状態です。無王郡になってしまったのでしょうか?。このままの状態で女王蜂が誕生するのでしょうか?。それともすぐに採蜜したほうが良いのでしょうか?。よろしくお願いします。

+3

回答 1

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:3/12

働き蜂と変わりないくらいの大きさの雄蜂の場合、女王蜂不在時にみられる働き蜂産卵の可能性があります。正常女王の産卵では働き蜂房に雄性の無精卵が産卵されることはありません。

このような非常事態になるには日本みつばちの場合、西洋ミツバチが女王不在となってからの期間より短い傾向がありますし、ましてや新たな女王をつくることが出来ない時期であれば極短期間で陥ったと思います(/o\)

花粉搬入は育児がされている間は観られますが、雄蜂児を育てていても同じことがいえます。

働き蜂産卵を見極める方法の1つに巣房の産卵を確認して判断するやり方があります。1つの巣房に複数の卵があったら働き蜂産卵です。

+7
投稿中