ニホンミツバチの飼育の始め方

ミツバチQ&Aには、詳しい養蜂家がたくさん集まって、活発に議論されています。ただ、これから始めようとする方には、少し難しいと感じられるかもしれません。まずニホンミツバチの飼育の始め方をおさらいしましょう。質問や回答を読むにあたっての、理解の手助けになります。

まず群れを捕獲するところから

飼育といっても、ニホンミツバチの場合はその前に群れを捕獲する必要があります。捕獲するまでが実は大変で、何年もかかることもあります。まず1群れ目を捕獲するところが、最も難しい部分です。ミツバチQ&Aが少しでも力になればと思っております。

ニホンミツバチの飼育の許可は必要?

ニホンミツバチの飼育は趣味であっても基本的には届け出は必要です。ただ、届け出は狭い範囲でたくさんのミツバチが飼育されることで花が足りなくなることを防ぐためや、病気の蔓延を防ぐためのものです。飼育者が養蜂家として的確かどうかなどの審査はありません。ただ、大阪府のように、ミツバチの飼育について条例がある地域もあります。まず自分の地域について確認してみましょう。

飼育の現状についての質問 日本ミツバチの飼育届けの全国の状況を教えてください。

まずは巣箱を作る

ニホンミツバチの飼育では、一般的に巣箱は手作りします。全くの素人が巣箱を作ってニホンミツバチを捕獲しているのですから、とても面白いですね。ニホンミツバチの飼育には、丸洞式巣箱、角洞式巣箱、重箱式巣箱、巣枠式巣箱など様々なタイプの巣箱が飼育で使われます。この中で最も一般的なのは、重箱式巣箱です。

重箱式巣箱は、基本的な形状は箱で、細かな加工はあまり必要ありません。板を切って箱を積み重ねられる人には、重箱式巣箱の作成はそこまで難しくはありません。ぜひ自分のオリジナル巣箱で、ニホンミツバチの捕獲にチャレンジしましょう。

飼育場所を探す

巣箱が置けそうな場所を探しましょう。田舎の庭がある家の庭先や、畑の片隅などで飼育ができます。花畑がないと飼育ができない、山の中でないと飼育ができない、と思っている人もいますが、そうではありません。

しかし、住宅地で飼育するのはトラブルにつながりますので、決して飼育しないでください。また設置許可を得ていない他人の土地に巣箱を設置する人もいますが、これも絶対にやめましょう。ニホンミツバチを飼育する人全体のイメージが悪くなってしまいます。自分が考えている場所で飼育できるか不安な人は、ぜひミツバチQ&Aで質問してみましょう。様々な場所、スタイルで飼育している、日本全国の愛好者の方から、良いアドバイスがもらえるはずです。

分蜂群れを誘引する、蜜蝋と待ち箱ルアーを用意しよう

ニホンミツバチの分蜂群れを誘引するためにいくつか有効な方法があります。まず、巣箱にニホンミツバチの蜜蝋を塗ります。次に、キンリョウヘンというランの花か、その花の誘引成分を化学的に合成した製品「待ち箱ルアー」を使うことです。

キンリョウヘンを育てようと頑張る方も多いですが、キンリョウヘンを入手して、うまく栽培して、分蜂が起こる時期に開花させるのは大変です。それだけでハードルがかなり上がってしまいます。そこで、まずは初年度は無理せずに、「待ち箱ルアー」を利用することをおすすめします。開花状態のキンリョウヘンを購入するのであれば、待ち箱ルアーは2,3個購入することができます。

キンリョウヘンは栽培や、開花時期の調整にノウハウが必要ですが、毎年株分けすることで、倍々に増やせるというメリットがあります。2年目以降にキンリョウヘンの栽培に取り組むのも良いと思います。

分蜂群れに合わせて巣箱を設置する

分蜂時期が近づいたら、待ち箱を設置します。待ち箱ルアーの効果は45日間続くので、分蜂の開始時期に合わせて待ち箱ルアーを開封します。自分の地域の分蜂時期が分からないという人も大丈夫です。分蜂マップという、日本中の養蜂家が分蜂を報告するサイトがあり、分蜂マップをみれば、分蜂の時期が分かります。

捕獲用の巣箱を設置した後は、分蜂群れが入居するまでひたすら待つことになります。

ニホンミツバチが来ても慌てない

巣箱にニホンミツバチが数匹出入りしていることがあります。ただ、これはまだ入居していないかもしれませんので、慌てないでください。探索蜂(たんさくばち)と呼ばれる、新しい巣の場所を探す蜂がおり、候補の場所を見つければ巣箱を入ったり出たりして確認します。これが多くなると数十匹以上がどんどん出入りします。この状態ではまだ入居が決まっておらず、内見中です。もし別の物件に決まったら、そちらに行ってしまいます。

巣箱の中に数千匹以上のニホンミツバチの塊がある場合や、花粉を持ち込む働き蜂や、巣箱の中に風を送る働き蜂がいれば確実に入居しています。これは初心者では見分けがつきにくいので、うまく確認できない場合は動画などを撮影して、ミツバチQ&Aで質問してみましょう。

見事入居したら、飼育が始まる

ようやく、ニホンミツバチの飼育が始まります。1年目で捕獲できる人は、それほど多くありません。数年かかることも多く、その間に諦めてやめてしまう人も多いと思われます。自然相手だからこそ、何年も根気強く待てる忍耐力が必要です。中には最初の群れを捕獲するまでに、知り合った養蜂家から群れを分けてもらう人もいます。

ニホンミツバチの飼育では、特にエサをやったり、散歩に連れて行ったり、トイレを掃除したりという世話が特に必要ありません。ミツバチQ&Aでどのようなことが必要か質問してみましょう。また、ニホンミツバチの巣箱には様々な変化が起こりますが、最初のうちが何が起こっているか分かりません。そこで、ミツバチQ&Aの飼育日誌に、巣箱の写真を撮って記録をつけていきましょう。ミツバチQ&Aを利用している多くの飼育者の方が、アドバイスをくれたり、異常が起こっていれば教えてくれます。

編集部コラム一覧

キンリョウヘン(金稜辺)のよくある質問

キンリョウヘンは、ニホンミツバチの分蜂群れの捕獲に大変便利です。キンリョウヘンの花は、集合フェロモンによってニホンミツバチを引き寄せて、受粉をさせるという非常に興味深...

最終更新日: 2017年11月22日

スムシの対策方法(ニホンミツバチ)は?

ニホンミツバチの養蜂家でよく話題に上るのがスムシです。スムシとは、ニホンミツバチの巣を餌とする蛾の幼虫の通称です。ハチノスツヅリガとウスグロツヅリガの2種類います。

最終更新日: 2017年11月22日

ニホンミツバチの分蜂群れの捕獲方法

ニホンミツバチの飼育では、まず分蜂群れを捕獲するところから始まります。このため、ニホンミツバチの飼育を始めるには、分蜂の基本的な情報と、ニホンミツバチの分蜂群れの捕獲...

最終更新日: 2017年11月22日

重箱式巣箱についての質問

ニホンミツバチの飼育では、重箱式巣箱はもっともポピュラーな巣箱です。特に、初心者には、重箱式巣箱がオススメです。その理由は、作るのが比較的簡単で、管理が楽で、巣箱の設...

最終更新日: 2017年11月22日

いろいろなニホンミツバチの巣箱

ニホンミツバチは色々な巣箱で飼育されています。重箱式巣箱という巣箱を使う方多いですが、他にも様々な種類があります。どの巣箱の一長一短あります。

最終更新日: 2017年11月22日

重箱式巣箱での採蜜方法

ニホンミツバチの巣は上から順番に、ハチミツの貯蔵域、花粉の貯蔵域、育児域というようになっています。重箱式巣箱は、4段、5段と同じサイズの枠が積み重ねてあるので、最上段や2...

最終更新日: 2017年11月22日
投稿中