雄蜂のフタ

雄蜂の巣房のフタは、分蜂を知る手がかりに

オスのミツバチ、雄蜂の巣房のフタは、特徴的な形をしています。重箱式巣箱などの伝統的な形状の巣箱では、内部の観察が難しいため、底に落ちた雄蜂のフタで雄蜂の誕生を知ります。

雄蜂のフタが落ちていれば、分蜂も近い

自分の飼育群れからの分蜂の目安として、雄蜂のフタを参考にする養蜂家も多いです。落ちてから1、2週間後程度が目安になります。

雄蜂のフタに関連するタグ

最近の質問 6 日前

雄蜂のフタ が付けられた質問:

回答
2
今朝12日、底板に雄蜂の巣房の蓋を大量に発見しました。8日には無かったので、おそらくここ2~3日の間に雄蜂が生まれたものと思います。 この群は、冬の間も元気で、お天気が良け...
回答
0
暖冬の影響か、私の持ち群れ数群れの中で、海沿いに置いてある巣箱からは既に雄蜂の蓋が出始めています。なんなら1つの群れからは既に雄蜂が外に出始めました。お近くで日本蜜蜂...
回答
2
まだ雪もあり朝晩氷点下と言うのに、雄蜂の蓋が底板から出て来ました! 分蜂にはまだ早すぎるし、子だしもありちょっと心配です。 この群れはどんな事が考えられるのでしょうか?...
回答
4
久々に質問投稿させていただきます。 分蜂はまだ先だと思いノーマークで月一程度の内検しかしてなかったのですが、今日はたまたま実家にいた母より電話があり、蜂が大乱舞をして...
回答
3
今年の5月に初めて群れが入った初心者です。 一週間ほど前から雄蜂の蓋が散見されるようになり、気にしていたのですが、 今日の夜、蛹を捨てているのを発見しました。 巣内を観...
回答
1
巣門の外にお掃除で出されたと思われる蓋がありました。分蜂が近いのでしょうか?何か準備したほうがいいですか?もし、あるとしたらいつ頃でしょうか?
回答
3
タイトルに記したように今年春の分蜂群で健全な群れだと思っているのですが、雄蜂の蓋が底板にかなりの数落ちており雄蜂も確認できます。一般的には、このような場合女王蜂の異変...
回答
0
今の時期、日本ミツバチ雄蜂の蓋が巣箱の底板や巣門付近で多数散見されます。巣箱(内寸22cm角*高さ15cm)の状態は現在5段積みで4段まで巣板が延びています。このよう...
回答
2
日本ミツバチ(高齢の母親)が春(4~5月)に分蜂したものの、老齢のため分蜂先の巣箱で女王の更新が行われるとのことですが・・・その場合、当該巣箱の中で雄蜂の蓋が確認出来...
回答
2
5月11日に入居し5月14日には花粉の持込を確認、5月26日に内検したところ巣板(蜂群)の大きさは中華丼位になっており小群だが健全な群れだと考えていました。ところがそ...
投稿中