ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してから支持してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

第5回ニホンミツバチ養蜂研究会開催します!
2017年12月10日(日)開催

詳しくはこちら

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
この秋に誕生したスズメバチの新女王蜂はオスとの交尾を終えたら、即、越冬場所を見つけて越冬に入るのですか。

kuroki 活動場所:福岡市
住宅の庭で飼っていますが、消滅が度々で困っています。
投稿日:2016 11/4 , 閲覧 500

それとも、暫くは自分で餌を採りながら自活して、日にちをかけて越冬場所を探すのでしょうか。

後者だとすれば、この時期に、越冬前の新女王をトラップで捕獲することもできますか。

0

回答 1

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月12日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春…もっと読む
投稿日:2016 11/5

オオスズメバチについては、来襲末期のこの頃西洋ミツバチ巣門前に装着している胡蜂捕獲器の罠部にそれまで集団で襲ってきた蜂体より明らかに違った大型のものが単体で入っていることがあります。(一昨々日も観られました。)

おそらくこれらはオオスズメバチ女王蜂と思われます。ミツバチを襲う意図はなく蜜の匂いや仲間働き蜂が付けたフェロモン臭に誘き寄せられたものと考えています。

∴外気温が低下して越冬体制に入るまでの間は、花蜜や樹液など甘い蜜を舐めてエネルギー源を確保してるのではないかと推測してます。

0
kuroki 活動場所:福岡市
投稿日:2016 11/5

ありがとうございました。

しばらくは新女王が単独生活をしているということですか。

急いで誘因用の自家製生ワインを広口瓶に補充したら4匹かかりました。

越冬前の新女王も出来る限り捕獲して来年に備えます。

この春は越冬が難しかったのか例年になくスズメバチの飛来は少なく、ミツバチの被害は助かりましたが、畑の野菜は例年にない害虫被害で壊滅状態でした。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2016 11/5

私の飼育場所近辺では、以上にオオスズメバチが多く、来襲による全滅(西洋ミツバチですが・・・)もみられました。畑の野菜害虫被害のことを考えると養蜂以外の分野では益虫なのかもしれませんね! 蜜蜂たちとうまく共生してくれるのを願いたいものです。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2016 11/14

スズメバチシーズンもようやく終わった感があります。ここ1週間で胡蜂捕獲器に捕らえられたオオスズメバチ中に青⚪のとおり雄蜂(刺針なし)が確認できました。雌には産卵菅から変化した赤⚪部分に刺針がみられます。image

kuroki 活動場所:福岡市
投稿日:2016 11/14

ありがとうございます。

昨日は温かい1日で、オオスズメバチの女王?が2匹、ミツバチの巣箱とは玄関を挟んで反対側に置いたペッタンコにかかりました。

胴回りは通常のオオスズメバチと変わらないですが、腹部が明らかに長い、細長い体型のオオスズメバチでした。

今年から始めたニホンミツバチの巣箱側は全くの無防備にしたまま、ペッタンコでは3枚分のオオスズメバチが取れました。

ペッタンコの傍に置いた広口瓶の発酵砂糖水に誘引されて巣箱には近づかずに飛来しては貼り付いてくれました。

投稿中