ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してから支持してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

第5回ニホンミツバチ養蜂研究会開催します!
2017年12月10日(日)開催

詳しくはこちら

飛田英政さんの初めての質問です。ぜひ温かく迎えてあげてください。

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
ニホンミツバチは北海道にも生息しているのですか?

飛田英政 活動場所:北海道十勝
何も分かりませんので色々教えて下さいませ!
投稿日:2016 11/4 , 閲覧 283

厳冬の最低気温は氷点下30度にもなりますが、ツツハナバチは生息しています。

0

回答 1

J&H 活動場所:和歌山県
投稿日:2016 11/5

飛田さん、こんにちは。以前にも別サイトですが札幌の方から同じようなおたずねがありました。それは画期的ですが生態系に影響を与えるからと批判があるかもしれません、とコメントしました。しかし工夫しだいでは可能だと思います。マイナス30度という真冬をどうするかですよね。巣箱の外側を常時0~5度くらいに保てれば何とか越冬できそうです。10度以上にすると春が来たと勘違いし、色々と活動を始めるので不具合が生じます。また、フンは巣門から外に飛び出してやりますので、巣門前を防寒のため狭くふさがないで空間が数メートル(10mあれば十分、もう少し狭くても可)必要です。飼育小屋全体を空調するのは何かと大変ですので電気の通じる場所であれば安上がりな電気毛布を巣箱にまきつけ、その外側に断熱材を巻き付けてコード付きのデジタル温度計で監視すればなんとかなりそうです。全く未知で未経験のコメントはこのサイトのルールに反しますが、北海道での越冬経験者からのコメントもあまり期待できません(経験者がいるのかわからない) のでお許しを願います。尚、 ご質問の回答は野生のニホンミツバチの存在は越冬困難なため未確認です。飼育願望お持ちと察し、一歩踏み込んでコメントさせていただきました。ぜひ北海道での飼育がうまくいけば画期的でそちらの地域の皆さん方の参考になります、挑戦してみてください。

0
投稿中