ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してから支持してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

第5回ニホンミツバチ養蜂研究会開催します!
2017年12月10日(日)開催

詳しくはこちら

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
日本蜜蜂の偵察蜂と働き蜂はどう見分けるのですか

kuni 活動場所:三重県鈴鹿市・亀山市
今年は、10カ所で1カ所当たり1群~2群の少数群飼いをしています。どうなるか、楽しみですが言えることは回るのが大変です。
投稿日:2014 5/4 , 閲覧 1,381

いつもお世話にになります。

巣箱の前に時間によって、20~30匹ほどの蜂がいます。なんとなくうろうろとびまわったり、たまに箱に入ったりします。こんな状況が数日続いています。そもそも偵察蜂と働き蜂は

外見的異なるのか、又は動きが異なるのかイマイチよくわかりません。動きが異なるなら、どう異なるのか?どなたか、お教えください。よろしくお願いします。

+1

回答 1

匿名さん代理投稿 活動場所:代理質問のため質問によります
管理人のサブアカウントです。 インターネットを通し、多数の初心者のサポートを行っており、質問も日々多数受けています。 ニホンミツバチのQ&A以外で寄…もっと読む
投稿日:2014 5/4
外見的な違いはまったくありません。

書かれている様子をみると、探索蜂のようですね。

 

探索蜂の特徴として

・巣箱の周りをうろうろして、出たり入ったりする

探索蜂の動画



 

働き蜂の特徴として

・花粉を持って帰ってくる

・巣箱の中に風を送る(暑い日)

・まっすぐ飛び出していくものが多い。(うろうろしているものもいます)

 

花粉を運ぶ様子と、旋風の様子は次の動画で見られます。

+1
投稿中