ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

yabee0800さんの初めての質問です。ぜひ温かく迎えてあげてください。

ニホンミツバチ
夜の巣箱ですが、この状況は蜂が夕涼みしているのですか?

yabee0800 活動場所:奈良県 生駒郡
日本蜜蜂に癒されています。
投稿日:2017 7/25 , 閲覧 664

夜の巣箱ですが、この状況は蜂達が夕涼みしているのですか?それとも強群で巣箱に入りきれず溢れているのですか?その場合は巣箱を3段にしたら良いのですか?因みに入居は本年6月8日です。


0

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 3

forestgardianbee 活動場所:主な活動地は東京+東北です。全国津々浦々(対馬、茨城、宮城など)や海外(韓国、タイ、オーストラリア)でもミツバチ(ニホン・セイヨウ)や養蜂に関する講演やインストラクターに呼んでいただき活動しています。
ミツバチを愛する皆様方、初めまして。私は、大学院卒業後、現在も引き続き、ニホンミツバチの保全と持続可能な利用に向けた研究・教育・普及活動などを行って…もっと読む
投稿日:2017 7/25

yabeeさん、はじめまして。勢いの良い群れが営巣しているようですね。

夜の巣箱ですが、この状況は蜂達が夕涼みしているのですか?それとも強群で巣箱に入りきれず溢れているのですか?

>>どちらともとれます。夕方以降夜にも出ているようでしたら、巣の中にもたくさん蜂がいるため、温度調節の意味もかねて外に出ているかと思います。

その場合は巣箱を3段にしたら良いのですか?因みに入居は本年6月8日です。

>>段数は増やしたほうが良いとおもいます。多くのハチが夜でも巣箱外に出ているようですので。

あまり巣が箱いっぱいになると、分封熱を起こし、今の時期でも分封する可能性があります。

+4
yabee0800 活動場所:奈良県 生駒郡
投稿日:2017 7/25

早速のご回答有難うございます。余っている同サイズの巣箱がありますので、三段に挑戦してみます。底板も熱放散するように3mmのメッシュにしようと思います。m(_ _)m

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2017 7/26

底板を金網に替えると観られなくなりますが、自然状態特に樹洞ではそのようなこと(底面が夏場に金網になること)はあり得ず、私は生態観察用群は自然に任せています。

搬入された花蜜水分の濃縮の為に巣門で扇風する蜂もおり、また西洋ミツバチでは日中より夕方以降に巣門前に塊りをつくる様子が観られることから、蒸し暑い外気の流入を阻止してるのではと考えています。




+2
kuni 活動場所:三重県鈴鹿市
投稿日:2017 7/26

西洋ミツバチの行動 面白いですね。初めて知りました。

yabee0800 活動場所:奈良県 生駒郡
投稿日:2017 7/26

底板をパンチメタル3㎜穴に改造してみます。有難うございます。

tamari- 活動場所:埼玉県入間市
投稿日:2017 7/27

yabee0800さん こんにちは

1枚目の写真ですが、重箱4段位に見えますが、これで2段ですか? それと、ルアーは付けたままのようですが、何か意味がありますか? 蜂数が多くて、元気な群ですね。真夏なので、これだけの蜂数なら、箱の中の熱気は凄いことでしょう! 熱気は、やはり上蓋の中央を切り抜いて金網3mmくらいを付けた方が効率的と思いますが如何でしょう。

kuni 活動場所:三重県鈴鹿市
最近は、少数群飼いをしています。 昨年は、アカリンダニはなんとかなったのですが 児だしでだいぶやられました。まだ、対策の糸口 は見えないないのですが…もっと読む
投稿日:2017 7/26

暗くて、また巣箱回りだけしか映っていなので

確かなことは分かりませんが

巣箱の右側(写真の)の草がかなり繁茂しているように

見受けられます。

もし、そうだったら巣箱回りの草は刈って風通しの良いように

された方が良いと思います。

蜂が巣箱の外に出ているのは、他の方が回答されているように

箱の追加や底板の金網への交換で収まると思います。




+1

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中