ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
冬季の蜂は気が荒い!!3m以内に近ずくと襲撃してくる!

ミトコウモン 活動場所:茨城県水戸市
10年来キンリョウヘンにて招蜂していましたが本年5月11日に初ゲットしました。 2群目は6月5日今日自然入居、キンリョウヘン終了のためルアー購入して…もっと読む
投稿日:1/8 , 閲覧 280

飼育2群のうちの1群が冬になりましたらものすごく攻撃的になっています。

近寄っただけで頭を狙って攻撃してきます。

遠ざかっても5m程度まで執拗に纏わりついて襲ってきます。

最近では首と手首を刺され、針を抜いて毒を吸引して手当てをしましたが1週間程度痒みが残ります。

ネットと手袋は外せません!

どうしてこのような状態になるのか、ほかに対策があれば教えて下さい


0

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 1

ACJ38 活動場所:徳島県北部
2016.07から書籍とネットで勉強を始め、2017.04に1群をいただき、当QAで先輩諸氏に教わり、右往左往しながらみつばち達からも教わっています…もっと読む
投稿日:1/8

ミトコウモンさん おはようございます、 初めまして。

冬季のみつばち達の気が荒くなる理由は、貯蜜不足だったり、気温低下と蜜源が少くなってその補充のために外に出て蜜を集めに行く機会が減少するからだと教えていただいています。

当方の飼育群では、冬季でも比較的暖かい日に外勤蜂が勢いよく出入りしている場合には巣門から30㎝程度に近付いても無視されますが、気温が低くて外勤に向かない日に1~2mに近付くと身体の周りを数匹が旋回し始めることがありました。その後はいつもの匂いを確認できたのか巣門内に入って門番が暫く巣門から頭だけをのぞかせて見張りを継続していました。日々の寒暖の程度によってこのような行動が観られますので、冬季に近付く場合には面布と手袋は双方のために必須なようです。

+5
ミトコウモン 活動場所:茨城県水戸市
投稿日:1/8

ありがとうございます!

冬場の蜜源不足によるストレスによるものですかね!

暖かくなるまで注意して飼育します。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:1/8

その通り、みつばち達も群の存亡がかかっているので蜜源不足や外敵侵入は相当のストレスが高まることになるのでしょうね。

投稿中