ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになるかもしれません

質問することだけでもミツバチや養蜂への貢献に繋がります

質問を投稿する

ニホンミツバチ
蜂球の温度が35℃以上になりますが、温度が高く問題にならないでしょうか、

カッツアイ 活動場所:岐阜県
平成27年に蜂友の方に重箱式巣箱で二ホンミツバチを譲って頂きの3群の世話をしました、 H27年は採蜜後の巣落ちで逃亡1群、とアカリンダ二症で2群が全…もっと読む
投稿日:2/23 , 閲覧 162

2月22日外気温15℃で巣箱表面温度20度の時内部蜂球温度が38,1度ありました、時には午後3時ごろ39℃になる時もあります。
朝からは33℃程度です。
この状態で問題ないでしょうか?
2月23日23時17分は外気温6℃で内部温度34,8℃です。

+4

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 1

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2/24

活動が活発化してきてる影響でしょう!

夏場を考えるとわかると思いますが、暑ければ蜂球を緩めたり解いたりして密度を下げて適温を保ちますので、大丈夫です!

+6
カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:2/24

ハッチ@宮崎さんお早うございます。
先日GYAO!ので、ミツバチ「女王陛下の甘い蜜」のドキュメタリーを見てミツバチの温度は35℃であるとの内容でしたのでお聞きしました。
ハッチ@宮崎さんからの太鼓判で安心しました。
ありがとうございました。

投稿中