ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

第5回ニホンミツバチ養蜂研究会開催します!
2017年12月10日(日)開催

詳しくはこちら

ニホンミツバチ
コードグリーン!!!!!

ACJ38 活動場所:徳島県北部
H29.3の退職を機に小さい頃からの夢であった養蜂を実現したいと思って勉強中のS27生れです。 H28.7から勉強を始め、キンリョウヘンの小株やスギ…もっと読む
投稿日:10/9 , 閲覧 132
[uploaded-video="1471ed50acdd11e7a7dd494e6b3b64d4"]

9時頃までは機嫌良く8割がた花粉を搬入していたのを確認して出かけ、1時間後に帰宅すると動画のように門番が多数増員されていました。ブロック左上には数匹が食いちぎられ、巣門の前には小さな黒いつぶつぶ(排泄物?)が飛散していました。後1時間そばにいてやれば加勢できたのですが。

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/156/15619727916102908512.jpeg"]

我がちびっ娘達の勝利の証しが収穫箱の下にころがっていました。それにしても黄色いですね。

先日はオオスズメバチをラケットで捕殺したのですが勢い良過ぎてバラバラ状態となり粘着シートの囮には活用できませんでした。

0

コメント4件

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:10/9

この落ち着きのなさはオオスズメバチの飛来があったものと思います。キイロスズメバチを蜂球で熱殺したのは屍があるので間違いないですが、対キイロスズメバチでは熱殺後にこんなに被害はなく喰いちぎった奴はオオスズメバチと推測します。

オオスズメバチをラケット叩殺するとバラバラになりますよね! それぞれにフェロモン臭があるかと思うと広範囲に匂いをばらまくことになるので何とか半殺しして屍を持ち帰るようにしています。

車の中では口をカチカチ鳴らして最後の悪あがきをしていますが、つい先日は復活した1匹のオオスズメバチが運転中の私のズボンの裾から上に向かって這い上がってきて仰天してしまい、運転も危ないところでした! 反省です !!!

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:10/9

ハッチ@宮崎さん こんばんは、おっしゃるように前回オオスズメバチが飛来した時は被害に遭う前に捕殺したにもかかわらず今回と同様の落ち着かない動きが2日ほど続いたことがありました。今回はキイロスズメバチとオオスズメバチが短時間の内に来襲したとのことで非常にショックを受けています。キイロスズメバチはともかくオオスズメバチの斥候が飛来したということは、今後集団飛来の可能性が高まり更なる用心が必要となりそうです。

オオスズメバチの叩殺はバラバラになりやすいのでやはりタモに切り替えて囮用に捕獲するようにします。

ズボンの裾から這い上がってきた時によくご無事でいらっしゃって何よりでした。私なら運転中に同様の事態になれば大パニックに陥って無事ではいられないと思います。

何れにしても囮の捕獲には細心の注意を払うことが求められます。

國高 活動場所:徳島県南部
投稿日:10/10

こんなことは日常茶飯事で起きています。蜂場を見に行くとキイロがあっちの巣箱こっちの巣箱と飛び回って捕らえようとしていますが、ミツバチも慣れて来るとそうそう捕まりません。オオスズメバチは減ってきましたね。網を見ると逃げていきます。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:10/10

國高さん おはようございます、女王蜂が健在な唯一群故にこの様な事態が日常茶飯事だと神経が細ってしまいそうです。もっとも彼女達にとっては命懸けの攻防なので出来るだけの後方支援はしたいと思っています。大スズメバチは学習能力がありそうなので案山子の様に網を置いておけば近寄らなくなるかも知れないとたわいもないことを想像してしまいました。

投稿中