都道府県が選択式になりました。修正をお願いいたします。こちら
働き蜂

働き蜂は群れの大半を占める、メスのミツバチ

働き蜂の寿命は活動期には1,2か月しかなく、一生働き続けます。群れのほとんどのミツバチが働き蜂です。また、働き蜂はすべてメスです。

働き蜂は分業制。仕事を次々と変えていく

生まれたばかりのミツバチは、掃除や幼虫の世話、巣作りなど、巣箱の中の安全な仕事をします。成長するにつれて、外敵の侵入を監視する門番、一生の最後の時期には、外にハチミツを集めにいくもっとも危険な役割を担います。よく目にする巣箱から飛んでいくミツバチ、花に訪れているのは、おばちゃんのミツバチなのです。

働き蜂に関連するタグ

最近の質問 2 日前

働き蜂 が付けられた質問:

回答
1
これは働きバチ?まさか女王蜂?見えているのは5弾目の桟です。(1段=15cm)            昨年9月25日時点で検査してもらったところ、アカリンに感染して...
回答
2
分蜂で捕獲する為、待ち箱に蜜蝋を塗って、炙っていましたら、日本蜜蜂が私の服に止まって来ました。この蜂は、探索蜂でしょうか?甘い匂いに寄ってきた働蜂なのでしょうか? 飼育...
回答
4
気になる動きの働き蜂が居ました。同時に数日前から見られたこの様な糞は下痢便と理解して良いのでしょうか。またアカリンダニ感染を疑いますが感染と下痢便に関係は有るのでしょ...
回答
4
10月に入居したニホンミツバチなので、砂糖水を給餌したところ、全く見向きもしません。ただ、沢山の働き蜂が巣箱から出て、蜜や花粉を持ち帰っています。良い方法を教えてくださ...
回答
4
巣箱に花粉を持ち込んでいる働き蜂の中に頭部の上側(目の後ろから首のあたりにかけて産毛が生えている部分)が白くなっている蜂が見受けられます。白い麹カビのような感じです。...
回答
8
質問趣旨 外勤バチはかなりの割合で、他の巣へ迷い込むことが、以前より知られていて「雄バチは半数が、働きバチは5%が他の巣に迷い込む」という研究結果も、あるようです。 ...
play_arrow
回答
2
狭い穴に30分の長い間に居続けます、押されても、押されても居続けます。 何をしているのでしょうか?
回答
2
逃去群を捕獲収容した蜂群や餌不足で産卵停止した蜂群は、その後羽化して10日の若蜂が誕生できない時期が出てくると思います。羽化後10日の蜂がローヤルゼリーを作り出す能力を持つそう...
play_arrow
回答
2
働き蜂産卵で無精卵なのに成虫ができる(結果は雄蜂ですが)というのが不思議でした。動画を見てまたまた不思議に思ったのですが、蜜蜂が産み落としたものは卵ではなくすでに幼...
回答
3
今年度は、はじめてのハチミツ採しましたが、蜜絞り時 蜂達が群れで押しかけられて、蜜絞り諦めて蜜蜂に、返すことにしましたが、1リッター程しか貰えなく2~3000匹は蜜...
投稿中