ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

セイヨウミツバチ
西洋ミツバチの 巣枠についての質問です。

ハートピース 活動場所:香川県
活動範囲は香川県と徳島県です。 親からの巣箱を受け継いで試行錯誤しながらやっています。
投稿日:3/29 , 閲覧 155

こんにちは

日本ミツバチの事は少しながらもわかるのですが、西洋となると全く解かりませんのでご指導お願いします。

まず、巣枠についてですが、必ずしも要るものなのですか?巣枠無しで入居していただいた場合、巣を普通に作っていただけるのかな?と思っており 日本ミツバチと同様に巣の板を形成していくのですか?

よろしくお願いします。

回答 1

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:3/29

巣は日本みつばちと同じく普通に造り生活もしていきます。

しかし、ずっと安定した状態で過ごしていけるかは別です。

西洋ミツバチではミツバチヘギイタダニの薬剤駆除が必須ですし、オオスズメバチからは守ってやらないと100%全滅してしまうやはり飼育管理下にあるべき外来(欧州原産の)家畜なのです。

日本みつばちが日本の気候に適応してるのと異なり、時期時期に巣脾枠を加えたり不要時には取り除いたりと人間の管理なくしては生存できないことから、標準巣箱に継箱それに合った巣脾枠は必ず必要と考えるべき品物です。

山野の蜜源に影響はされるものの、野外から搬入される以上の産卵育児をした場合には給餌が必要で、越冬明けなど産卵開始が遅れる場合にはやはり給餌して刺激を与えたりします。

越冬明け6000匹でスタートした西洋ミツバチ巣箱は春の流蜜期には60000匹超の巨大な群になりますから、分蜂させていては自然の中で全滅させることになりますので分蜂コントロールは重要な管理技術になります。その際には巣脾枠を引き上げて王台をくまなく探す内検をしなければならず、やむ無く分蜂させる場合には実際に飛び立たせるのではなく、巣脾枠を分けての人工分蜂に寄りますから巣脾枠は必須ですね!

ハートピース 活動場所:香川県
投稿日:3/29

ハッチ@宮崎さんいつも的確なアドバイスありがとうございます。

かなり勉強をしないと、西洋ミツバチに迷惑かけそうですね。

とりあえずはこのサイトから手始めに読み込んでいこうと思います。

ありがとうございました。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
投稿日:3/29

ハートピースさん、基本的な生態を日本みつばちから学ばれたら、西洋ミツバチはそれに合わせた管理を行えばまぁうまくいきます。

この可愛い西洋ミツバチを日本みつばちとともに飼育なさってみてください(^^)

収穫される蜂蜜は数倍以上になり、ほかにローヤルゼリーやプロポリスそれに花粉も採れますよ(*^^*)

ハートピース 活動場所:香川県
投稿日:3/29

ありがとうございます。

手始めに巣箱製作から始めないといけませんね。ここのサイトで色々と情報があるので参考にします。

実はイチゴ農家さんから、相談を受けて話の流れで見る事になったのですが、最初に農家さんに言ったのは、絶対失敗するからしないと言い張ったのですが、負けました><なので群れを潰しても構わないからやってくれと、頼まれた以上中途半端は嫌なので、群れを増やすつもりでやってみたいなと思いまして、投稿した次第でこれからも解からない事があれば(サイトを読み込んで解からなければ)、質問を書かせていただきます。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
投稿日:3/29

ハートピースさん、巣箱や継箱はキットが販売されてます。巣箱が約5千円、継箱が約3千円で個別に材料調達するより安価と考えています(^^)/

投稿中