ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

セイヨウミツバチ
巣門前にコガタスズメバチとタイワンタケクマバチの死骸が見られるのは何故?

ネコマル 活動場所:愛知県岡崎市
待ち箱ルアーにより2016年に日本ミツバチ、2018年からは西洋ミツバチも来てくれました。巣箱は自宅近くの柿畑に置いてます。蜂は色々見せてくれて楽し…もっと読む
投稿日:7/20 , 閲覧 183

西洋ミツバチ巣箱前でコガタスズメバチ二例、タイワンタケクマバチ三例の死骸がみられます。スズメバチ誘引ペットボトルによせられるも寿命で行き倒れくらいしか理由を考えられません。


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/004/456967824671757470.jpeg"]

同様の観察例は?何か関連しそうな事ご存知であれば教えて頂けないでしょうか。

+1

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 1

hukurou 活動場所:神奈川県横須賀市
生物好きが高じて自宅の裏山で様々な野菜や果樹を栽培したり、生き物に配慮した環境作りを行っています。在来昆虫であるニホンミツバチがより良く生活する空間…もっと読む
投稿日:7/21

ネコマルさん

それぞれのハチの雌雄が判明すれば少しはこの原因の解明が前進するかも知れませんが、スズメバチはスタミナが豊富ですし、クマバチがトラップに強く誘引されるかは自身としては分かりません。明確な答えになっておりませんが、これら二種の死に関連があるのかは今後の経過観察が必要と思われます。

脱線ですが、タイワンタケクマバチは2006年頃から愛知県に侵入が確認されて以来、その定着域を広げつつあると思われますが、現地では現在どのような頻度で観察されるのか気になります。


+1
ネコマル 活動場所:愛知県岡崎市
投稿日:7/21

hukurouさん、ありがとうございます。

雌雄ですか。また見つかると思いますのでキープしましょう。経過観察します。

実は今日新たに気付いた事があります。夕方巣門前に大きなアブが落ちていました。


午前中に西洋さん捕食してるアブ、未確認ですが恐らくシオヤアブを落としました。

これについてぐぐると最強のプレデターと有りました。自分としてはこのアブに撃墜された疑惑に傾いてます。観察もアブに注目です。

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/146/14621192076599927486.jpeg"]

タイワンタケクマバチは河川敷の竹を住処に拡散してると思います。年通すと1番多いです。他の在来種は見なくなったと思ってましたがそのつもりで注意してるとそうでもなく意外と居ますね。ただ言われてる様に花粉や蜜源の奪い合いは有ると思いますし圧迫されてると思います。

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:7/21

横からすみません、岐阜の美濃です。台湾竹クマバチは、庭の竹に沢山巣を作っています、
良くタモで採集しています。

hukurou 活動場所:神奈川県横須賀市
投稿日:7/21

ネコマルさん

自身も種間の縄張り争い説が考えにくい場合「オス同士ならば毒針が無いので殺し合えない」には他者からの捕食説を考えていました。トンボ類であれば捕獲後直ちに持ち去られてしまうので、数匹落ちていることは考えられないので、このシオヤアブ説が濃厚ですね。

この昆虫の縄張りは小さく、発達した複眼を使い、ほとんど動き回らずにじっと獲物が通り掛かるのを待っていて、獲物が飛んでいるところや止まった瞬間を見逃さず、背後から奇襲攻撃を仕掛けます。アブの仲間なので口吻を動きを司る神経節突き刺して動きを止めてから体液をゆっくりと吸い取ります。このため写真のようにほぼ完全なままの死骸が残ります。また小型昆虫から大型昆虫まで幅広く捕食するため、一般的に日本における昆虫界の上位に位置するとされています。自身も以前キイロスズメバチやオオシオカラトンボが捕食されている所を観察しました。

タイワンタケクマバチについてですが、昆虫の影響は見逃されている事が多いのが現状で、今後どのような影響が出てくるのかが予測できません。神奈川県では人為的に持ち込まれた大陸産アカボシゴマダラという蝶が近年急速に勢力を拡大しつつあり、在来のゴマダラチョウとの餌を巡る争い「両者共にエノキが食草」や交雑が確認されており、遺伝子汚染が進行することが危惧されています。クマバチの場合も同様の問題が非常に心配されます。また自身も巣箱の周りの他の昆虫等の生物の生息状況について更に詳しく観察することを継続したいと思っております。



ネコマル 活動場所:愛知県岡崎市
投稿日:7/21

ありがとうございます。

午前中に落としたのと別の個体が同種に捕食された。あまり多数同時に見られない気はしますが恐らくその推測で良いかと。

外来種もですが在来種でも色々有りますね。淡水魚は特に注意が必要と考えてます。

ネコマル 活動場所:愛知県岡崎市
投稿日:7/21

カッツアイさん、こんにちは。

其方では巣箱前にシオヤアブがミツバチ捕食に来ませんか。居るなら確実に食べられてますよ。また同じ様な?と思われる死骸みられませんか

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:7/21

ネコマルさん、今年はもう1匹退治済みです、昨年は3匹来ました。
本当に仮が上手です、スート飛んできたと思うと捕食、素早いです、

投稿中