ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
トップバーを途中採用することについて教えてください

YBB 活動場所:兵庫県
2017年 3年目にして(キンリョウヘンが開花せず)ルアーを購入したところ、自然入居。 即アカリンダニ感染発覚、後、無事に回復し強群に。採蜜後、巣落…もっと読む
投稿日:5/7 , 閲覧 295

内寸、26角、高さ25の重箱で飼育しています。

現在巣門枠と、一段、屋根(スノコ)です。

近いうちに継箱をすることになりますが

巣落ちのリスクを避ける為にトップバーを採用しようかと考えています。

自作巣箱ではない為このサイズですが、巣落ちの経験があるので不安です。

この計画についてご意見聞かせてください。

よろしくお願いします。

回答 2

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:5/8

どの位置にトップバーを計画されるのですか!?

トップバーはあくまでも天井の代わりにある意味無理な、しかし影響ない範囲内での構造変更です。野生下自然樹洞内空洞の天井は、まっ平らではないでしょいたから、それにかこつけて少しばかり凹凸形状を受け入れさせたものです。

巣落ち防止棒的な考えで途中に入れたりすると嫌われること間違いないと考えます。最悪逃去を誘発することになりますから注意が必要ですf(^_^;

YBB 活動場所:兵庫県
投稿日:5/8

ハッチ@宮崎さん

お返事ありがとうございます。

2段目の継箱をトップバー式に、と思っていましたがリスクが高いようなのでやめます。逃亡が心配でしたが本末転倒のようですね、勉強になりました。
ご相談したいことがあるので新たに質問立ち上げます、アドバイスいただければ助かります。よろしくお願いします。

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:5/8

こんばんは、YBBさん

カッツアイ 活動場所:岐阜県
平成27年に蜂友の方に重箱式巣箱で二ホンミツバチを譲って頂きの3群の世話をしました、  H27年は採蜜後の巣落ちで逃亡1群、とアカリンダ二症で2群が…もっと読む
投稿日:5/8

YBBさんおはようございます、内寸260mm角高さ250mm の重箱は大きいですね、
巣落ち防止棒の大きさ入り方が、知りたいです。重箱が高すぎ(普通は120mm~180mm)で巣落ち房が一列です、250mm高さとすると内寸も大きいので、井桁で二段必要なくらいですね。
(巣落ちのリスクを避ける為にトップバーを採用しようかと考えています。) 
とのことですが巣落ちを避けるには、巣箱高さの改善と巣落ち棒の入れ方の改善ではないでしょうか?

私は簀の子になっている天板を、トップバーに変更する必要はないと思います。

他の目的がありトップバーに変更したいであれば、継箱を150mm以下の高さにして上から50mmくらいの位置に巣落ち棒を井桁に組み、
巣碑が十分巣落ち房に絡んでから、簀の子を切り取りトップバーに変更されたらと思います。

トップバーに変えても巣落ち防止対策にはならないと思います。

YBB 活動場所:兵庫県
投稿日:5/8

カッツアイさん

こんにちは 詳しくお返事いただき感謝します。

トップバー式の採用は今回は見送ることにします。

巣箱が大きいのは理解しているのですが頂いた巣箱なので

そのまま飼育継続しています。

巣落ち防止棒は巣箱の上から5~60ミリのところに十字状に一つあります。

この巣箱の改善について質問がありますので新たにアドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:5/8

私なら、内寸260は、なぶれないにしても高さ250mmは半分にします、
丸鋸でこのまま切断します。巣落ち防止棒は井桁に組みます。

YBB 活動場所:兵庫県
投稿日:5/8

カッツアイさん

こんばんは。

はい、そのようにする予定です。いつもアドバイス感謝します。

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中