ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

未分類
ロシアでミツバチ大量死が発生 しているそうです。

特製ぱん 活動場所:山梨県
蜂場は北杜市小淵沢です。 週末養蜂を楽しんでいます。2019年は入居飼育3年目になりました。 重箱ら6群今年確保で蜂場は2カ所です。
投稿日:7/12 , 閲覧 311

以下の記事が出てます。

しかしですが、タイトルにある蜂の顔がミツバチでなくスズメバチと思うのですが???

動物に関心なければ馬と牛、虎とライオンの区別が難しいのと同じなのでしょうかね!


https://jp.sputniknews.com/russia/201907106455247/

回答 2

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:7/12

農薬遺伝子の植物への組み込みも影響しているのかも知れないですね(@_@;)

日本国内においてはネオニコチノイド系農薬の使用中止が急務と考えています。

特製ぱん 活動場所:山梨県
投稿日:7/14

ハッチ@宮崎さん

まったく御意です。

こころ 活動場所:茨城県
茨城で蜜蜂 初心者43歳です 現在家の庭と借りている林で17箱 管理しています わからない事ばかりですが色々教えて頂けると助かります(^-^)宜しく…もっと読む
投稿日:7/12

日本でも考えられる事だと思いますので 注意が必要だと思います(農薬や殺虫剤)

顔は・・・・どうなんでしょう??蜂の種類が多すぎて私も区別がつきません(笑)

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
投稿日:7/12

参照画像の蜂顔は・・・少なくとも蜜蜂ではないですね!

特製ぱん 活動場所:山梨県
投稿日:7/12

ハッチ@宮崎さん

そうですね!

記事する方の理解度は?? という気持ちになります。

特製ぱん 活動場所:山梨県
投稿日:7/14

こころさん

返信がおくれました。

蜂の顔も付き合っているミツバチや強敵のスズメバチは知っているから大丈夫ですよ。

特製ぱん 活動場所:山梨県
投稿日:7/14

こころさん

昆虫顔面図鑑 というのにいいのがありました。

こうして顔をマジマジ見ると狩猟す虫は眼が前にあり捕捉する虫と距離が測れる。ミツバチは側面にあり捕捉でなく周囲に警戒出来るようになっているんでしょうね!

ミツバチもジっと見ていると視点が触覚辺りに移ると何ともお爺さん顔に

見えますが両側の複眼に移ると可愛い顔に見えてきます。

1枚目は我らもホープであるミツバチ

2枚目はスズメバチ

3枚目はキアシナガバチ


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/082/8270807304873363364.jpeg"]


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/046/4620132015997207066.jpeg"]


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/009/910937814496251883.jpeg"]

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中