ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ニホンミツバチ
継箱の作成~継箱実施しました。母親A(2+2)、長女A(4+1)

ACJ38 活動場所:徳島県北部
2016.07から書籍とネットで勉強を始め、2017.04に1群をいただき、当QAで先輩諸氏に教わり、右往左往しながらみつばち達からも教わっています…もっと読む
投稿日:6/15 , 閲覧 183

予測していなかった夏分蜂は、継箱用にと作成してあった重箱二組が二回続けて即席の入居先と化しました。継箱を用意すると分蜂すると云うジンクスから解放されたくて、今回はそのようなジンクスとならないように作成した直後に継箱を実施しました。

↓300×25×950の杉板を40年物の丸鋸で切り出して組み立て中(老眼で木取りもおぼつかなく・・・・・・)

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/153/15399304030132296175.jpeg"]

↓4/1と5/21に発出した本家の母親越冬群Aは2段目の巣落ち防止棒に(220×220×150)

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/119/11992760083972139529.jpeg"]

↓母親A(2+2) L:Before  R:After

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/055/5551696796372467458.jpeg"]

↓4/10に第二分蜂し、収容後4/16頃転居した長女A群は4段目の巣落ち防止棒に(240×240×150)

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/142/14200700436130841362.jpeg"]

↓長女A(4+1) L:Before R:After

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/016/1679428821802821467.jpeg"]

↓予めコルセットを腰に巻いてから4段を収穫コンテナへ移動し、1段の上にまた戻しました。意外なほど騒ぐミツバチはいませんでした。後方の蛇口から蜂蜜が出るようになれば良いのですが~

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/057/5759988731382570645.jpeg"]


+12

コメント6件

シマシマ 活動場所:三重県・和歌山県
投稿日:6/15

ACJ38様

こんばんは!(^∇^)

数多い娘達の居住スペースを確保するために奮闘されてますね!

こちらはどうやって持ち上げられたのですか?!

コルセットと書かれていたので、イキナリの直持ち?!滑車で釣り上げ式?

数が数なだけに、腰を痛めないようご注意くださいね!

ちいおか2539 活動場所:茨城県つくば市近郊
投稿日:6/15

こんばんは

分蜂群の勢いがいいので、私も継箱を作成しています。

國高 活動場所:徳島県南部
投稿日:6/15

凄いですね〜3段でも持ち上げようとは思いません! 箱の中の白いものは何ですか?パテのようにも見えるけど、、

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:6/15

シマシマ様 おはようございます。

相変わらずの自転車操業で継箱作成と継箱作業を行っています。

元巣の5段に比べるとまだまだ軽く、10㎏入り米袋二袋分くらいの感触でした。水平移動なので直持ちにてどうにかなる範囲です。

腰痛のご心配いただきありがとうございます。用心している時には腰痛にならず、何でもない動作でぎっくり腰になる時があります。

残り1群を余して当面の継箱作業は一段落します。さて、雨の日にできる作業にとりかかりましょうか。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:6/15

ちいおか2539さん おはようございます。

継箱作業をがんばってください。

レモングラスの検証具合はその後いかがでしょうか。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:6/15

國高さん おはようございます。

まだ貯蜜量が少ないのか感触では15~20㎏のようでした。かろうじて人力のみでどうにかなる範疇です。先々はこの場所でも持ち上げる道具が必要となりますが後面は建物と20㎝、右面は雪柳、後面はクロガネモチと実桜、左面は桃の木と悪条件が重なっています。入居の判定が遅れたために移動のタイミングを逸してしまいました。

お尋ねの箱の中の白いものはご明察通りに木工用パテです。シリコーン充填剤を切らしていた時に作成した重箱です。みつばち達はパテを気にしていないようです。

投稿中