ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ニホンミツバチ
我が家の児出しと逃亡について

toko 活動場所:広島県
数年前は全く興味はなく、蜂ときたら怖いだけの存在でした。というのも、40年くらい前の秋に、寒いので外に干してあった丹前を着た瞬間、肩のあたりに幾度も…もっと読む
投稿日:2019 7/9 , 閲覧 126

今年5月25日に入居しました一番若い群でした。写真が添付できなくてごめんなさい。

我が家では越冬した2群と今年入居した2群がいましたが、今年入居した2群が2週間くらい前から小出しを始めました。この2群は毎日チェックをし、網式の巣底に児が付着しているときは巣底を引き出し、清掃していました。児出しの数は、4月入居の群で一日20匹程度、この群は50匹程度あるようでした。また、蜂の徘徊がほとんどないことから密不足と考え、100CCを4-5日おきに給餌していました。

給餌器が1つしかないことから、交互に行っておりました。昨日は逃亡した若い群の順番でしたが、古い群の方が逃亡した場合のショックが大きいと思って、大きい群を給餌してしまいました。

今朝巣箱をチェックすると、一番若い群が逃亡していました。昨日こちらに給餌していたら、逃亡していなかったかもしれませんけど。


原因を探るべく、すぐその巣箱を開け巣を調べてみました。その結果以下のように考えました。

1 巣は7枚ありました。私の巣箱は大きくて内寸法で30センチメートル角です。従ってもっと大きくなるはずです。小さい群でしたが巣の成長も遅く、蓋掛けした蜜はかなり少ない。

2 スムシは全く見れないものの、少し大きめのアリが巣の中に多数出入りしていた。


これらのことから今回は、密不足で蜂の数を増やすべく女王バチがひたすら出産していた。にもかかわらず密不足で巣はできないし、巣には児がいっぱいで、密を貯めるところもない。密と働きバチと女王バチのアンバランスから児出しが始まり、アリの妨害から逃亡へと発展してしまった。

ちょっと説明不足と理解不足は否めませんが、蜂たちが健全になってもらうように、給餌も大変重要であると思いました。

ショックでとりとめのない文章になってしましたしたが、とりあえず日記として記していおきます。

コメント2件

高嶺 活動場所:広島県
投稿日:2019 7/12

おはよう御座います。 吾輩は5月に、二群の入居に成功した。素人で御座います。残念ながらあなたの悩みにはコメントは出来ないので御座います。養蜂には様々な問題が発生するものですね…。吾輩はまだそんな事態には遭遇してないけれども他人事ではありませんね…。所でサイトに、画像の添付の仕方は分かります。スマホでのサイトへの通信の場合ですが、日誌などを書いてると、○印の中に+の記号が現われ場合が有ります。その記号をタッチすると、マークが有ります。それをまたタッチすると、スマホで写した画像が現われます。サイトに添付したい画像を選んでチェックしサイトに送信すればOKです。吾輩の一群は活動が活発ですけれども、何故かもう一群は活動が遅く、あまり巣が大きくならないです。無王なんだろうか?7月10日現在が、添付画像です。


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/148/14895707357905106536.jpeg"]
toko 活動場所:広島県
投稿日:2019 7/13

高嶺タクシーさん、コメントとアドバイスをありがとうございました。

書き込みはパソコン又はタブレットで書き、写真はスマホで撮っているので、スマホからそのどちらかへ送信する必要があり、横着をしてしまいました。申し訳ありません。

しかし、私も含めて皆さんも逃亡される事や児出しに付いて、興味がおありかと思い、直ぐパソコンに向かい記事アップした次第でした。

私もちゃんとミツバチと向き合ったのはここ2−3年ですので、経験値は極めて少ないです。

昨年初めて捕獲した群が無王群でした。2月位重箱に居ましたが、巣の成長が無く、段々と群が小さくなるのはたまりませんでした。給餌もしたのですが、元気はなかったです。

toko 活動場所:広島県

蜂友マップの投稿

お近くの蜂友を探すマップです。近くの人を探してみましょう。興味がある人がいたら、ミツバチQ&Aのメッセージ機能を使い、お互いにメールアドレスを公開することなく、連絡できます。

ユーザーランキング(日誌)

投稿中