返信0
オオスズメバチは直ぐ近くの西洋ミツバチに向かいニホンミツバチには目もくれない様子。巣門付近の汚れも全く無し。昨年は隣の栗の樹液に来て粘着板の仲間に近寄り沢山御用と成り...
play_arrow
play_arrow
返信8
こんな小さな巣?思い駆除しようと思い、棒で巣を採ろうと思ったのが、最悪でした。 左の大きな巣は、何年か前の巣です。右の崩れかかった巣にあまり黄色スズメバチがいないので、...
返信0
No.8 ニッキ 樹洞自然巣 洞の内部 動画が2点は載せられませんでしたので追加掲載しました。 内部に樹液が光っているのが見えます。 ...
返信0
樹洞自然巣の観察記録に8件目を追加しました。 ①確認日、蜜蜂種別 ②樹種 ③洞の高さ、向き ④場所 ⑤経過 ⑥観察者からの距離 ⑦温度計測 ①2019.8.17  日本ミツバチ ②ニッキ ③...
返信2
L-メントール(クリスタル)を、7.5g ( 15g入りパックを適当に半分 ) 、待ち箱ルアーのシャーレの蓋に並べ、オーガンジーの巾着に入れて、スノコの上に設置しました...
返信4
巣箱を1段追加して6段にしました。 1枚目が巣箱全景で、2枚目が追加する前の中の写真、そして3、4枚目が追加した後の写真です。少し時間差ありますが… 巣板は...
返信2
お盆が過ぎた17日に行った時には、ここには入っていなかったのですが、20日に行ったら、又セイヨウさんが御入居していました。 うまく写らなかったのですが、この縦穴の真ん...
返信6
今年の7月までの採蜜は昨年からの越冬群れ21群れ、今年の春捕獲した群れ1群れ、女王の世代交代に失敗した群れ3群れ、熊被害の整理4群れがありました。 9月の中頃からは今年捕獲し...
返信7
それは6/12に羽化直前の蛹を底板兼発着場に発見したのが始まりでした。その後約40日間続いた児出しの幼虫数と蛹数およびその合計をグラフ化したのが次の図です。この数は、目視で...
返信3
今日、久しぶりに様子を見に行った、6月にニホンミツバチの待ち受け用の丸洞に、入ってしまったセイヨウを見に行った所、 巣門に、来客中でした。クワガタのメスです。 目の...
投稿中