ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
ニホンミツバチのはちみつの味はなぜセイヨウミツバチのと違う?

ゆんさん 活動場所:長野県、山梨県
去年まで横浜、千葉などでセイヨウミツバチを趣味で飼っていました。この春から、二ホンミツバチの 箱を長野、山梨両県に置きましたがまだ 入っていません。
投稿日:2016 7/21 , 閲覧 6,594

ニホンミツバチのはちみつは、セイヨウミツバチのはちみつと比べて

どろっとして濃厚で、味も色も濃いのはなぜですか?

採蜜間隔が長いことから水分が飛んで味が濃縮されるのでしょうか?

0

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 2

管理人 活動場所:京都
このホームページの管理用アカウントです。約10年にわたり初心者のサポートをしています。 このサイトの運営・システム開発の他、ニホンミツバチの教材( …もっと読む
投稿日:2017 10/29

セイヨウミツバチといっても、花の種類によって全く味が変わります。日本人に人気のアカシアやレンゲは、はちみつの色も薄く、すっきりした味わいが特徴です。

一方、ソバや栗のハチミツはかなりクセの強いハチミツです。同じハチミツとは思えないくらいです。ハチミツ専門店では何十ものはちみつの試食をさせてくれるので、風味の違いを楽しむことができます。

日本で売っているセイヨウミツバチは百花蜜でも薄い色のすっきりした味が多いように感じます。

ニホンミツバチは重箱式巣箱で飼育するので、1年に1,2回程度に採蜜になり、百花蜜になります。ニホンミツバチは山の木々を好んでいるそうで、蜜源による違いもあると思います。

また、ニホンミツバチもどこで採れたものかによって味が変わっており、例えばほとんど平地がなく豊かな森が広がる福島県の奥会津で採れたニホンミツバチの蜂蜜は、ものすごく濃厚な味でした。

また、淡路島で春に採れたはちみつは、ニホンミツバチの蜂蜜でありながら色も薄くすっきりした味わいでした。

ニホンミツバチのハチミツがどろっとしているかについては、私はニホンミツバチのハチミツは糖度が低めになりやすいので、反対にニホンミツバチの方がサラサラしている印象があります。


色や味が濃い => 蜜源の違いが大きい

どろっとしている => ニホンミツバチの方がさらっとしていることが多い

+1
ゴンパパ 活動場所:島根県 東部
平成23年に庭の「燻製BOX」に営巣したのをきっかけのニホンミツバチに興味を持ち細々と続けておりましたが、平成26年2月より本格的に取り組み始めまし…もっと読む
投稿日:2016 7/21

西洋ミツバチに比べ、採蜜サイクルが長いのは確かだと思います。その為、ゆんさんの言われるように水分が飛んで濃縮されるのも間違いではないと思います。
西洋ミツバチを飼った事が無いので断定する訳ではありませんが、西洋ミツバチはその季節に多い花(樹木の花も含め)の蜜を集中的に集めると云われています。『〇〇蜜』と表示されるように単一の花の蜜として採蜜出来るようです。
反面、ニホンミツバチは働き蜂個々が自由に好きな花から採蜜し、また一気に貯蜜出来るほどのスピードではないので色々な花期に渡って貯蜜するので『百花蜜』といわれます。季節や地方に依り対象となる花がちがうので、またブレンドも違うので味わいが違うと思います。
巣の蝋質や花粉等が極力混入しないようにした「垂れ蜜」と、少しクセがあるが薬効があるといわれる「絞り蜜」でも味、香りは変ってきます。

私の拙い知識でしたが、諸先輩方のご意見も拝聴したいと思います。

0
ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2016 7/21

西洋ミツバチは、訪花の一定性というのがあって、主流蜜源の開花が始まると、その種類の花ばかりに集中して働きますので、例えばレンゲ蜜やミカン蜜という風に一つの種類の花から集めた蜂蜜を得ることができます。もちろん時期や場所によっては同じ時期に多種類の花を訪れることもあるので、百科蜜というのもありますが、

日本みつばちでは、その様な時期でもあらゆる花から集めてきている感があります。

西洋ミツバチがレンゲに通っていて持ち帰るほとんと全ての花粉団子の色がオレンジな時でも、日本みつばちでは、白・黄色・橙色など様々な花粉の色が目立つことからもわかると思います。

なので、あっさりと単一な蜂蜜種の味を味わうことができる西洋ミツバチ蜂蜜と比較して、日本みつばちは独特な風味があります。また全体的にですが、日本みつばちの蜂蜜の方がやや水分の凝縮が進んでないように思いますので、西洋ミツバチの蜂蜜が水飴っぽく、日本みつばちの蜂蜜はさらっとした感じがします。

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中