ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

【お知らせ】例年ミツバチQ&Aユーザーも多数参加!日本最大級のニホンミツバチの研究会、第6回ニホンミツバチ養蜂研究会の申し込み開始!詳しくは、こちら

ニホンミツバチ
ピザ窯の皆さん−3 6月26日

はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県佐倉市
初めまして。2年目の初心者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿日:2017 7/7 , 閲覧 642

今現在の巣の状態を早く日誌に書きたいと思っていたのですが、そこまでのプロセスもご報告したいと思い、写真を上げたいと思います。段ボールを敷くアイデアは企画倒れに終わり、どうやって掃除をすれば良いのか迷いに迷っているうちに巣はだんだん下がってきて、あと2センチほどで床についてしまう状況でした。窯の床には横方向に2本の塹壕のような溝が走っていて、その両側の突き当たりに空気取り入れ口(ハチの出入り口)があります。この溝の中をどうやって掃除するか。。。そして床に巣が到達したらハチはどうするのか?出て行ってしまうのか、それとも横に巣を広げていくのか?

謎だらけ、不安だらけ、、、、

なぜかハチたちは手前左にある穴を主な出入り口にしています。昼の12時頃にはそこで渋滞がおきて、順番待ちのハチが窯の外で乱舞します。左手前の穴にこだわらないハチは別の穴から出入りしています。写真にあるように、穴から巣に向かってハチがたくさん歩くので、色が変わった道ができています。

0

コメント2件

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2017 7/7

はっちゃんさっちゃんさん、こんばんは!

日本みつばちの散歩(散歩というには意味が異なりますが)道が色の違いからはっきりとよく判る画像ですね。入居に際して、探索した蜂がこの入口から中に入ったのでそこを利用しそれが継続されてるのでしょうか!? 空気取り入れ口の直径はどのくらいあるのですか?

西洋ミツバチが理想とする巣門は直径3cmの丸い穴とありました。

「昼の12時頃にはそこで渋滞がおきて、順番待ちのハチが窯の外で乱舞」はオリエンテーションフライト(定位飛行)ではないのかと思います。新たに誕生した働き蜂たちが外勤蜂に仕事をシフトする前に巣の位置を覚える為の飛行です。

今後、巣は横に拡がっていくと考えますが、秋口前には横・下方向ともに伸びはストップして蜂球が巣板下部に集団を形成するのではと、私は予想します。

はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県佐倉市
投稿日:2017 7/8

ハッチ@宮崎さま

いつもコメントありがとうございます。

オリエンテーションフライトと言うのですね!若い子たちの研修期間ということですね。鳥の巣にいるヒナも羽ばたきの練習してますよね。頑張って練習し、元気に飛び立って欲しいです。

今後の予想、私には全く予想がつきませんが、今後どのように育つのか驚きと興奮の連続です。

投稿中