キンリョウヘン

キンリョウヘンは分蜂群れを集める魔法の蘭の花

キンリョウヘンは、ニホンミツバチの分蜂群れの誘引・捕獲に大きな効果があり、広く使われています。

初心者には少し栽培、開花時期調整が難しい

キンリョウヘンは蘭の一種で、派手ではないですが、綺麗な花をつけます。明治時代には栽培がブームになったそうです。数十年前から注目が集まっており、その理由はキンリョウヘンの花がニホンミツバチの分蜂群れを誘引するためです。

キンリョウヘンの花は集合フェロモンの作用で、ニホンミツバチを誘引します。この性質を活かして、巣箱の横に開花したキンリョウヘンを置いておくと、ニホンミツバチの分蜂群れを誘引することができます。なお、キンリョウヘンはセイヨウミツバチは誘引しませんので注意が必要です。

キンリョウヘンは広く利用されている

キンリョウヘンはニホンミツバチの捕獲では一般的で、書籍やホームページなどでもほぼ間違いなく記載されています。ニホンミツバチの飼育をされている方で、キンリョウヘンについて聞いたことがない人はいないでしょう。

キンリョウヘンがニホンミツバチを誘引する仕組みについては、昆虫学者の興味を引き、ついに京都学園大学の研究グループにより誘引成分が解明されました。

キンリョウヘンの育て方を質問してみよう

蘭の栽培の中ではかなり簡単な部類に入りますが、植物の栽培経験が少ない人には少し難しいです。ニホンミツバチの飼育を始めようとキンリョウヘンを購入する人も多いですが、枯れてしまったり、何年も育てても花が一回も咲かないという人も多いです。

また、花芽ができても、ニホンミツバチの分蜂時期に合わせて花を咲かせる開花調整がうまく行かない人も多いです。キンリョウヘンの栽培、開花調整については、気候によって異なる場合も多いです。日本中の多くの愛好家が利用しているミツバチQ&Aでキンリョウヘンの栽培方法を聞いてみましょう。

キンリョウヘンの誘引成分を化学合成した「待ち箱ルアー」

2014年には、キンリョウヘンの誘引成分を化学的に合成した「 待ち箱ルアー」と言う商品も販売されており、こちらも人気になっています。

待ち箱ルアーは芳香剤のように、開封すると誘引成分が放出され、その効果が45日間も続きます。キンリョウヘンは開花調整も難しく、誘引効果が数週間しか続かないことも考えると、大変使いやすい製品です。多くの養蜂家に利用れています。

キンリョウヘンに関連するタグ

最近の質問 6/30

キンリョウヘン が付けられた質問:

回答
2
去年の春に初めてキンリョウヘンを1鉢入手しました。今春1本開花しましたが、探索蜂が来ましたが、入居しませんでした。そのキンリョウヘンに今ようやく1本の葉芽が出て来ま...
回答
2
場所は大阪の北摂地域です。キンリョウヘンの株分けを5月はじめにした株から、今頃花が咲きそうです。芽は確認していたのですが花芽とは思いませんでした、この花はキンリョウヘ...
回答
1
分かりにくい写真ですが、待ち受け巣箱に、昨日2時頃に3匹、本日は1時頃に4匹で金稜辺にまとわりついてこの蜂は、日本蜜蜂でしょうか? ...
回答
2
今週、立て続けに2群入居しましたがニホンミツバチ誘引ルアー(いずれも3月8.9日に使用開始).既に枯れかけたキンリョウヘンを使用しての自然入居でした。他の花ならば捨ててしまう...
回答
1
3月30日に分蜂捕獲した母親群。 そこから5mほどの待ち箱に、数日前から雄蜂たちが金稜辺をうろつき出し、本日金稜辺に群れを作っています。 これって、再分蜂の予兆でしょうか。...
回答
3
久々の投稿、質問します。待ち箱放置の為、入居何日かもわかりません。みなさんはどれくらいの時期に、キンリョウヘンとルアー外しますか?教えてください。よろしくお願いします!
回答
3
用土にはバークが良いと知り、バーク堆肥の見本を取り寄せました。 これは、主に直径1~2cm程度の軟らかい固形状になっています。アンモニア臭等の悪臭は...
回答
1
今年はキンリョウヘンの開花が遅く、分布の最盛期に間に合いませんでした。20鉢数十本の花が咲いています。来年の誘引用に使いたいのですが、花を焼酎かアルコールに浸して成分...
回答
4
4月26日にキンリョウヘン に着いて、11日が経過しました。 写真のようにキンリョウヘン と巣箱の間でブリッジ状になっています。 もう捕獲するのは無理でしょうか? 今後の対応を...
回答
2
今年ミスムフェットが初めて咲いたのですが、特有の甘辛い香りがあるらしいのですが、自分のは全く香りを感じません。これは普通のことですか?香りが立ってた方が誘引力が強いと...
投稿中