内検

内検とは、ミツバチの巣箱の内部検査のこと

内検とは、ミツバチの巣箱の内部をのぞいて検査することです。内検から多くのことが分かります。養蜂家の重要な仕事です。

巣箱によって内検の頻度は異なる

養蜂家の仕事の大部分は内検です。巣枠式巣箱では、週に1回程度の頻度で内検します。重箱式巣箱では、1ヶ月に1回、それ以下の頻度の場合も珍しくありません。

内検に関連するタグ

最近の質問 3 日前

内検 が付けられた質問:

回答
2
先日の知り合いのセイヨウミツバチの話の続きになります。 ヘギイタダニの薬を待っている所ですが、オーナーさんの話から、これまで内検なし、防寒は外からの麻布や毛布をかける事...
回答
1
左上壁面にクモがいます 前回内検時よりこころなしか蜂数も減っているような気がします 写っている針金は五段目のもので現在四段目までは蜂がいます 重箱を持ち上げてクモを...
回答
2
巣門は1方向3巣門にしています。 先日移動した群でが、巣箱の内検写真に1匹も写ってないので諦めていた群でしたが、なんとミツバチが巣門より出入りしてるではありませんか? 近く...
回答
2
この時期になって、重箱式巣箱の底板に蜜が垂れています。 一段18cmの4段積んでます。 内検すると、巣下部には蜂は見つけることができません。巣箱を外から叩くと、シマリング音は...
回答
3
ベテランの養蜂家さんは、内検をしなくとも、重さを計測しなくとも、 ①出入りする日本みつばちの活発さ。挙動から判断する。 オオスズメバチが来て、去った後ならそれも分かる。 ②...
回答
4
今日の内検・清掃の際、写真の様な蜂を発見しました。先日、巣底を金網から板に変更した際に重箱を持ち上げたのですが、あまりに軽くて心配になってしまいました。体が小さく、口...
回答
5
5月12日入居で、なかなか管理できないところに設置してるのと、かなりの強群でしたので一挙に継箱を3段から6段にしました(写真7月末)。 な...
回答
1
2019年11月13日の巣板の状況です。 すこし、巣板の頭が覗いています。 下の画像は大底を掃除しましたら、ゴミの中身です。 ツツリガの親 2匹 長さ1cm未満...
回答
4
蜂の付着してない空巣脾枠を取り出しました! 多分3回目の冬を迎える女王蜂の、群を内検した結果、上記措置をしました。 やはり女王蜂の老齢化に伴い群勢は衰退し...
回答
5
現在の巣箱の状況です。 今年8月3日に自然入居した一群が元気に活躍しています。 巣箱は内径285×285高さが180の巣枠を3段重ねです。 初めての経験でよくわかりま...
投稿中