働き蜂

働き蜂は群れの大半を占める、メスのミツバチ

働き蜂の寿命は活動期には1,2か月しかなく、一生働き続けます。群れのほとんどのミツバチが働き蜂です。また、働き蜂はすべてメスです。

働き蜂は分業制。仕事を次々と変えていく

生まれたばかりのミツバチは、掃除や幼虫の世話、巣作りなど、巣箱の中の安全な仕事をします。成長するにつれて、外敵の侵入を監視する門番、一生の最後の時期には、外にハチミツを集めにいくもっとも危険な役割を担います。よく目にする巣箱から飛んでいくミツバチ、花に訪れているのは、おばちゃんのミツバチなのです。

働き蜂に関連するタグ

最近の質問 9/13

働き蜂 が付けられた質問:

回答
1
8時くらいに巣箱を見てみました 巣枠式の巣箱の巣門付近に、朝としてはいつもより多く働き蜂が飛んだりうろついたりしてました 時騒ぎくらいの規模です 巣門付近に黒い糞?がか...
play_arrow
回答
1
他の働きバチが、この蜂の上を通過しようが、横を通過しようが、同じ動作をしています、何をしているのでしょうか?
回答
1
雄蜂房としては飛び出し過ぎの巣房が有りました。変成王台とも違うように思います。何らかの理由で上げ底になってしまった働き蜂房か雄蜂房ではないかと思いますが分かりません。...
回答
2
最近働きバチが巣門の辺りに屯していて活動が鈍いようですが、暑さのせいでしょうか。
回答
1
巣房内に立つタマゴ。幼虫に成り立ても見えますね。よく見るとタマゴが2個。働き蜂産卵では無いと思います。間違って産んでしまったのでしょう。同様の観察例は有りませんか? ...
回答
3
以前働き蜂の縞模様が消えた蜂が出てきており、無王群の疑いがある可能性がありました。最近ではザーッというシマリングもしません。 もし無王群と確定して他群とも合流できない...
play_arrow
回答
2
今日は巣門前で多く観察出来たグルーミング。その中で妙な動き、中足後ろ足で胸とお腹をこすりながら細かく動く働き蜂にヘギイタダニ発見。落とされない様に体のあちこちに移動し...
回答
2
1つ目は最近縞模様が目立たなくなってる蜂や縞模様が消えた蜂が出入りしています。大きさは働き蜂と同じです。 この蜂たちは一体なんなんでしょうか? 写真中央付近こち...
回答
2
巣門の前に児蜂が数匹子出しされていました 大振りな蜂と非常に小さな蜂がいますが  見ていると大振りな働き蜂がくわえて遠くに運んでいます、お昼頃1時間ぐらい見ていました...
回答
1
6月10日に自然入居した群れを、12日に巣枠式に移動して17日に内検したら無駄巣があり確認したら働き蜂産卵をしていた。もう12日の時点では女王蜂は居なくなっていたか?無王群だ...
投稿中