フォームに沿って入力するだけで、わかりやすく質問できる簡単質問フォームを作りました。 巣箱の設置場所について聞いてみよう
働き蜂

働き蜂は群れの大半を占める、メスのミツバチ

働き蜂の寿命は活動期には1,2か月しかなく、一生働き続けます。群れのほとんどのミツバチが働き蜂です。また、働き蜂はすべてメスです。

働き蜂は分業制。仕事を次々と変えていく

生まれたばかりのミツバチは、掃除や幼虫の世話、巣作りなど、巣箱の中の安全な仕事をします。成長するにつれて、外敵の侵入を監視する門番、一生の最後の時期には、外にハチミツを集めにいくもっとも危険な役割を担います。よく目にする巣箱から飛んでいくミツバチ、花に訪れているのは、おばちゃんのミツバチなのです。

働き蜂に関連するタグ

最近の質問 2/6

働き蜂 が付けられた質問:

回答
3
昨日少しだけの暖かい日一群はどことなく沢山の花粉を運んで来て働き蜂が群れていましたが!もう一群は全然おそとなし無し底蓋引き出して見たら4~6匹程の死骸が有りましたが、...
回答
1
私の蜂友の方が、アカリンダニ症で、全滅したとの事で、トレー一杯(約1200頭)の死骸を持ち込んで来られた。私は女王を探そうと、ホットカーペットの上にトレーを載せ選別にかか...
回答
3
羽音が賑やかでしたのでじっくり観察しましたが花への訪問も観られたものの、多くの日本みつばち働き蜂は葉のつけ根辺りを舐めている様に見えました。 ...
回答
1
現在、ある巣箱で雄蜂がみられようになりました。夏に一部巣落した時 女王バチが事故に会い働き蜂産卵が行われたためと思います。 ところで、通常の群れで春の分蜂時も普通雄蜂が...
回答
2
採蜜後蜜ダレが止まらない毎日底板から、ハチミツが流れています。 働き蜂が蜜によりしんでいるのが見受けられるますが皆さんは、けいけんありませんか? 対策方法有るのでしょう...
回答
1
夏の間ほとんど出入りがなく、8月末には数個の小さい雄蜂の蓋が落ちていたのでいよいよ働き蜂出産が始まり消滅かと思っていました。 ところが小さい雄蜂の蓋はその後あまり増えず...
回答
2
働き蜂が通れて女王蜂が通れない巣門の高さについての記述は、ハチマイッターの関連で多々見受けられる(3.6ミリ~4.0ミリなど)のですが、働き蜂が通れて雄蜂が通れない高さのサ...
回答
2
無王群になっても子育てや花粉集めなど女王が健在して居た頃と同じ様に仕事をしますが、巣は作らないのですね?何故だかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。よろし...
回答
3
Q&Aの投稿文でもよく話題に成りますが スムシ(大型のツヅリカ)による被害の拡大によって女王蜂の産卵が途絶えて働きバチが産卵する(雄蜂の不要時期の発生)のは何故ですか?そ...
回答
2
ご無沙汰してます。6月後半ぐらいから、少しづつ働き蜂の飛びと花粉を運んで来なくなりました。たまに、巣箱の内検をすると、確実にミツバチが減ってきてるのがわかるくらいに、巣...
投稿中