新しいトップページ試験運用中! こちらから
働き蜂

働き蜂は群れの大半を占める、メスのミツバチ

働き蜂の寿命は活動期には1,2か月しかなく、一生働き続けます。群れのほとんどのミツバチが働き蜂です。また、働き蜂はすべてメスです。

働き蜂は分業制。仕事を次々と変えていく

生まれたばかりのミツバチは、掃除や幼虫の世話、巣作りなど、巣箱の中の安全な仕事をします。成長するにつれて、外敵の侵入を監視する門番、一生の最後の時期には、外にハチミツを集めにいくもっとも危険な役割を担います。よく目にする巣箱から飛んでいくミツバチ、花に訪れているのは、おばちゃんのミツバチなのです。

働き蜂に関連するタグ

最近の質問 3/29

働き蜂 が付けられた質問:

play_arrow
play_arrow
回答
2
働きバチ産卵が始まって、みるみる巣脾がカビてしまい3月25日に巣脾を撤去した無王蜂の群れですが働きに行くでもなく、天井に引っ付いています何処かへ行くのではなく、このままコ...
play_arrow
play_arrow
回答
2
帰巣して直ぐ巣門から出て~すぐ隣の巣箱に入って行きます?? これはいったいなぜ?
回答
2
今までで、ある巣箱の働き蜂の数が500匹とかまで減ってしまってから、 その後に盛り返した事などの経験の方はいらっしゃいますか? 一応、女王蜂は居るようですし、花粉の搬入...
play_arrow
play_arrow
回答
2
私が管理している中で、一番早く雄蓋を確認した巣箱です 先ほど、「時騒ぎか分蜂予行でもしてるかな?」と見に行ったところ、 飛び回る蜂が少なく、巣門近くにたむろしてました よ...
回答
3
秋口に入居して順調に営巣していた群れです。先週までは花粉を運びいいれる働き蜂が頻繁に出入りをしていました。一昨日今シーズン初めての雪が降り寒さのためかさすがに出入りは...
回答
1
よく、女王蜂には、働き蜂は、ロイヤルゼリー与えると、聞きます、 又蜜は、エネルギー、花粉は、蜂造ると、言われます、本当は? 働き蜂か、花粉幼虫に、持てていくの、、?、。!...
回答
4
働き蜂のアカリンダニ検査は主体ですが、迷い込み蜂に「雄蜂」は有名かと思います。 学者ではないので、聞くに及ぶ所ですが、「迷い込み蜂」の大半は雄蜂。 雄蜂のアカリンダニ寄...
play_arrow
play_arrow
回答
4
今日も活発に活動していて、花粉の持ち込みも頻繁に行っています❤️ 越冬する娘達を沢山育ててくれているのかな? ところで、働き蜂の寿命は普通約1ケ月程度、越冬する働き蜂は4...
回答
2
無事越冬を終えたミツバチは来春は元の女王蜂と共に働きバチ約半数を連れて新しい住家に旅立つ事でしょう。その分蜂前にはどこのに住家を構えようかと探索蜂がアチコチ探索し、探...
回答
2
分蜂の経験がまだ無い初心者です。 春に分蜂する時に母は働き蜂の6割とかを同行して分蜂するらしいですが、 この6割とは越冬して生き残った働き蜂でまもなく寿命が来る蜂がほと...
投稿中