ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
日本ミツバチのカメムシ防除対策を教えて下さい

クマもん 活動場所:岩手県
標高280mの山の自然の中で、米と野菜と果物を作って暮らしています。 春は山菜採り、夏は鮎釣りといろいろ楽しんでいます。 近くで日本ミツバチを長年飼…もっと読む
投稿日:8/7 , 閲覧 239

こちら岩手も田んぼでは出穂の時期になりました。

これからお盆に向けてカメムシ防除の農薬散布が始まります。

自分家で米を作っているので、カメムシ防除を予定しています。

昨年まではミツバチを飼っていなかったので、全く気にしないで、農薬散布をしていましてが、今年はそれが違ってきました。

カメムシ防除をしないといけないのですが、どうやればいいのか、わからないでいます。

液剤を粒状に変えようと思いますが、皆さんは対策どうされていますか?

幸いなことに、周囲は米を作っているので人はあまりいないので、影響は少ないとは思いますが…

1番近い田んぼは、うちの田んぼなのですが…

回答 4

nakayan@静岡 活動場所:静岡県
本格的に始めたのは2015年からですが、13年の9月に柿の木の蜂球を見つけて角洞に飼い始めましたが年を越せずに消滅しました。14年に金稜辺を二鉢購入…もっと読む
投稿日:8/7

クマもんさん、蜜蜂を飼い始めたのならば、カメムシ防除で、 “ネオニコチノイド” と言う系統だけは、かけない方が良いです。蜜蜂にとても大きな影響を及ぼしますから。特にアクタラとスタークルとダントツは絶対にやめて下さい。

それぞれの地方で使われる農薬が違うかと思いますから、地元のJAに「ネオニコチノイド以外のカメムシ防除は何が良いですか?」と問い合わせた方が良いと思います。

クマもん 活動場所:岩手県
投稿日:8/8

nakayan@静岡さん

ご回答いただきありがとうございます。

飛散しないスタークル豆つぶは大丈夫かなと思っていましたが、水面で拡散するので、水を飲みにくるミツバチには影響しますね。

農薬に替えて、木酢液とか竹酢液を散布しようかなどとも考えていました。

ミツバチ達の事を考えると、やっぱり農薬を散布しないことが一番ですね。

nakayan@静岡 活動場所:静岡県
投稿日:8/8

クマもんさん、たかちゃんマンゴーゴーさんの回答の様に、自家用だけならば、無農薬を目指すのも良いでしょうが、木酢液と竹酢液だけではカメムシの防除は難しいかと・・・

スタークルの粒は、水に溶けて残留し、蜜蜂がそれを持ち帰ると大きな害が出る事が予想されますから、やめた方が良いでしょう。

ネオニコ以外の薬ならば、それほど大きな害はないと思いますし、たくさんあるネオニコの種類の中からも、モスピランやバリアードは比較的に蜜蜂の害は少ない事が研究者に確認されています。

どちらを、選択するかは、クマもんさんがお決めになれば良いと思います。

たかちゃんマンゴーゴー 活動場所:香川県
本来の目的はニホンミツバチによる作物の受粉率アップとニホンミツバチの農薬被害からの保護です! 採蜜より保護、個体数の増加を目的に活動していきます…もっと読む
投稿日:8/7

こんばんは

私も自宅で飼ってる群の20メートル前が水田です。どんなことをしてもカメムシはくるので籾摺り後、色別機にかけてます。  農薬代よりか少しだけ高くつきますが無農薬だと全然味が違いますよ!

ネオニコチノイドの問題もあるので、できるのなら無農薬栽培を勧めます

クマもん 活動場所:岩手県
投稿日:8/8

たかちゃんマンゴーゴーさん

早速ご回答ありがとうございます。

1番近い田んぼは巣箱から10mも離れていません。

農薬散布は、やっぱりミツバチへの影響は大ですね。

今年は木酢液か竹酢液を散布しようかなどと考えています。

はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県
初めまして。名前の最後に「さん」はいりません。打つのが大変だから「はっちゃんさっちゃん」でお願いします。3年目の初心者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿日:8/7

クマもんさま、こんばんは。今年の最後6月18日に入居した群の目の前10メートルのところに田んぼがあり、事前の聞き取りでは周辺には民家があるので散布はできないから、このエリアには撒かないと言われていたのに、当日目の前で撒かれました。直前になって田んぼの主がやっちまえとこっそり強行したと思われます。幸い黄色い矢印の方向に緩やかな風が吹いていたので即全滅とはならなかったのですが、その後ミツバチたちは暑い季節になり毎日田んぼに水を飲みに行きます。(自分が飲むと言うより水を汲みに行って巣を冷やすらしい)その影響で底板には毎日少しずつ亡骸が溜まって行きます。写真の赤丸が巣箱です。本日、水のタンクを巣箱最頂部に設置し、重箱の外にカーテン生地をぐるりと巻いてそこに水を2秒に1滴垂らし、カーテンを濡らして巣箱を冷やすと同時に、蜂は濡れた布から給水します。しかしこんなにすぐそばに水があっても、やはり田んぼに給水しに行く者もおり、せっかく増え始めた蜂たちも減っていく可能性もあり、かと行って今の暑い時期には巣箱の移動もリスクがあり、困り果てているところです。ちなみに使用した農薬はスタークルです。

ご自分の田んぼであれば、風向きの良い時を選んで散布することは可能だと思いますが、ネオニコはその時だけでなく水と言うものを介してミツバチに影響を与える可能性が高いと思いますし、すぐに死ななくても寿命が短くなったり採餌活動能力が弱かったりするので、巣落ちのリスクはありますが群を移動するか、農薬を使わないようにする道を模索するか、どちらかの厳しい選択となると思います。

水稲を栽培されている方がミツバチの飼育に目覚め、葛藤する姿に私は感動と同時に、私には想像できない苦悩があるとお察ししますが、祈るような気持ちです。納得できる良い道を見つけられることを願っています。


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/165/16558040064891818583.jpeg"]
クマもん 活動場所:岩手県
投稿日:8/8

はっちゃんさっちゃんさん

ご回答いただきありがとうございます。

一番近い田んぼは 、巣箱から10mも離れていません。幸い自分の田んぼなので、農薬を散布しなければ、影響はないかと思います。

ミツバチを飼い始めた頃は、カメムシ防除の農薬散布の事など、全く頭の中にありませんでした。

数年前までは、低能薬にこだわって、農薬散布はしないで、木酢液散布と田んぼ見て回って、いたら捕まえていました。この2年はスタークル豆つぶを散布していましたが、この農薬も影響あるということなので、今年はやめようと思っています。

幸いにも他の人がやっている田んぼは、150mほど離れた所に1つと200m離れた所に2つあります。それと自分の田んぼが3つです。それ以外に田んぼはありません。なにせ自分が住んでいる所は山間部なので、稲作をやっている人は少なくなりました。

何かの縁で自分の巣箱に住み着いてくれたミツバチ達です、元気に生活してほしいので、今年は農薬なしでいきたいと思います。

鋭治(鈴木鋭治) 活動場所:愛知県
投稿日:8/12

クマもんさんこんにちは

s愛知県の豊田市山間部の鈴木です。

はじめまして、宜しくお願い致します。

ネオニコチノイドですが私も稲作を行なっています。今稲穂には花花粉が大量に付いています。西洋ミツバチが沢山飛来して来ます。幸い日本ミツバチは来ていません  見かけていません。しかしながら今年からカメムシ防除薬剤は散布していません。 ただし近隣農家はヘリで散布しています。

兼業農家は多くが自己消費米で販売されていないと思います 先日あるテレビ放映でカメムシの食害のお米の食味は特別悪くはなく、見た目だけとお聞きしました。個人的には小規模農家さんもネオニコチノイドに関してさらにご理解して頂き自然界への対応を考えて貰いたい、大規模農家さん また農家からお米を受け入れる農協  業者  一般消費者も同じくです。

賛否両論ありますが今後の子孫に影響が出ない事を祈るばかりです。クマモンさん一緒に頑張りましょう。今後は耕作放棄地にレンゲを撒こうと思います。

はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県
投稿日:8/12

鋭治(鈴木鋭治)さま、素晴らしいコメントを拝見し、とても心強いです。

1つお聞きしたいのですが、私の知り合いの言葉、

「農協って言うのは農薬で儲けてるからなぁ」

このセリフは誤解、勘違い、嘘、、、ですか?

つまり、ネオニコが規制されて困るのは、黒い粒が入って価格が下がり、生活が苦しくなってしまう農家さんですか?それともJAですか?

たかちゃんマンゴーゴーさんがコメントされている、木酢液と識別器を、JAが国の援助も得つつ製造販売して儲ける、、、と言うシステムは作れないものでしょうか?

鋭治(鈴木鋭治) 活動場所:愛知県
投稿日:8/12

はっちゃんさっちゃんさん

お返事を頂きありがとうございます。

農協は農業協同組合ですね。

農家さんと提携して営利活動しています。また農家さんへの技術支援もしています。JA です。

また現状農薬規制で困るのは稲作で生計を立てていらっしゃる農家(企業) です。消費者が傷米にこだわらなければ、傷米選別機も厳しい選別条件を外し世の中にネオニコチノイド(有害農薬)が減少するでしょう。

国ももっと自然界への悪影響に努力すべきです。

薬品製造 販売で利益を得ている企業にとって大変損失も大きく大変でしょう。国への圧力もあるのかも!既に諸外国では取り組みが進んでいますよね!安全安心な、、、、?とどなたか仰っておられますが、本当でしょうか?遠い将来人の体にも取り返しのつかない変調が出ているかも!ゾッとしますね。たかちゃんマンゴーさんの言われてます事良いですね!

クマもん 活動場所:岩手県
投稿日:8/12

鋭治(鈴木鋭治)さん

こんにちは

鋭治さんもお米作られているんですね?

私の住んでいる所は、山間部の限界集落です。近くに稲作されている家も少なくて、農薬の影響はあまりないかなと考えています。

うちは2反歩の田んぼにひとめぼれともち米を作っています。ほとんど自家消費と親戚分です。あとは部落の人たちに配ります。個人販売も少々…

蜜蜂を買い始めるまでは、農薬の事は、全く気にしていませんでした。

でも今年からは蜜蜂のために、農薬散布はやめることにしました。朝夕田んぼを回って捕まえようかなと思っています。

果たして今年はどの位の被害が出るかわかりませんが、念のため、収穫米を色選機かけようと考えていました。

今はスズメバチとオニヤンマが蜜蜂を狙ってやって来ます。オニヤンマは空中で蜜蜂を捕まえるので、やっかいです。

今年も美味しいお米と蜂蜜が取れるようにお互い頑張りましょう!

鋭治(鈴木鋭治) 活動場所:愛知県
投稿日:8/12

はっちゃんさっちゃんさん

追伸です。

私の幼少期には田んぼ  畑  通り道 いわゆる野山には昆虫があふれていました。蜂  チョウチョバッタなどです。今は極端に少なくなり蜂の羽音さえ耳を凝らさないと探せません!

都会ではそんな異変は知る由が有りません。農家 地方でこそ判断できるのです。

ですからもっと地方人 田舎暮らしの人々が声をあげて、農薬の怖さを勉強して世間に周知させないといけないのです。

都会で育った人にはその違いはわからないと言ってもいいでしょう!農家さん 消費者は特に知識を深める事が  例えばミツバチ保護にもつながるのだと思います。蜂の受粉は凄いですね。

言いたいこと言ってます。

鋭治(鈴木鋭治) 活動場所:愛知県
投稿日:8/12

クマもんさん

お疲れ様です!私も限界集落に近いところです。あと数年でそうなるでしょう。稲作は2反ほどやってます。今年からカメムシ防除薬剤は使いません。クマもんさんんと同じく日本ミツバチを飼いはじめて農薬の怖さを認識した次第です。したがい多くの農家さんは事の重大さに気づいていないでしょう。

こちらのお米は「ミネアサヒ」と言います。

なんかクマもんさんと同じ環境ですね!

こちらこそよろしくお願いいたします。

ちいおか2539 活動場所:茨城県
満6年になります。この間、スムシ、巣落ち、逃去、アカリンダニ、ノゼマ、サックブルード・・・と悪戦苦闘の連続ですが皆さんに教えていただきながらやっとこ…もっと読む
投稿日:8/10

クマもんさん おはようございます。ちいおか2539と申します、よろしくお願いいたします。

(回答でなくてごめんなさい)

農業の経験が無いので勉強させてください。カメムシはどんな害があるのですか?

我が家の近くは耕作放棄地が増えてしまいました。将来の食糧事情が心配になってしまいます。

クマもん 活動場所:岩手県
投稿日:8/12

ちいおか2539さん

こんにちは

返信が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

うちは自家消費米なので、米作りはある程度適当と言ったらなんですが、出荷米を作っている農家さんよりはやんべにやっています。うちの田んぼには無農薬に近い低農薬でやっているので、いろんな虫がたくさんいます。カメムシ被害も自家消費なので、あまり気にしていないのです。ですが、うちのお米をほしい方にお売りしたり、親戚等に送ったりするので、米作りで唯一気を使うのが、カメムシの被害です。収穫して玄米の時点ではわからないですが、精米して白米にするとこれがびっくりする位わかります。数年前にカメムシにやられて大被害を受けたことがあり、それから農薬を使うようになりました。それでもカメムシ被害は出ますが…

米作りは、5月に田植えをします。8月になると、茎から稲の穂が出てきます。1本の稲穂には100粒以上の籾が付いています。この籾になる部分が開いて開花・受粉を行います。うまく受粉できれば稲の実は肥大充実して成熟してお米になっていきます。

カメムシ被害は、受粉してから成熟する時期に発生します。この間は稲穂の実が柔らかくて、これをカメムシが狙います。お米の主成分はデンプンですが、カメムシはそれを食べるため、実をかじったり、中の汁を吸ったりします。そうするとその部分が黒く斑点になってしまうので、商品価値がなくなります。お米を出荷している農家さんにはこれが大問題で、出荷減、収入減につながってしまいます。

と前書きが長くて、本題について、簡単に書いてしまいましたが、自分もよくわからないままお米作りをしている感じです。ネット検索でした、もっと詳しく分かると思いますが…

今年から日本蜜蜂の飼育を始めたので、農薬散布をしようか迷っていましたが、皆さんからご意見をいただいて…考えた結果、今年からは農薬散布はしない事にしました。大変ですが朝夕田んぼを回って、カメムシを捕まえたいと思っています。

長々と書いてしまって、すみません。これからもよろしくお願いします。

ちいおか2539 活動場所:茨城県
投稿日:8/12

クマもんさん こんばんは。コメントありがとうございます。いろいろ大変なんですねー、勉強になりました。難しい問題ですね。

今後ともよろしくお願いします。

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中