ネコマルさんの日誌 月別アーカイブ

返信
0
西洋さんにはアカリンダニ感染の話しは聴かれませんが見つけた論文には殺ダニ剤アピバールの効果ではと書かれてました。ミツバチヘギイタダニにも2種有るようですが耐性持つ日...
返信
36
私見でどうでも良い事ですが。 2016年の秋からの日本ミツバチとの関わりですがしっかり向き合ったのは今年2018年の1月に巣箱前で偶然出会った死んだ女王蜂から。その頃は殆...
返信
37
置くと直ぐに取り付きました。 今朝の巣門前はこの程度の汚れ。 このミッチー第3群の巣門左右に配置。左上にはオオス...
返信
1
計算から今日の蓋がけ見に行くときっちり始まってました。 一目で確認およそ60。 薄かった蜂数も増えてる。昨日産卵された卵の世話に来てる様です。どの様にしてか...
play_arrow
返信
5
miyazaki Hiroshiさんに教えて頂いた忌諱(きい)。嫌がり避ける事の様です。巣門を汚す日本ミツバチ。現在2群だけの短い観察ですが感じられる事。 どちらの群にも巣門付近は...
play_arrow
返信
11
14日に産卵された巣房の蓋がけは9日目の明日が予定日。未だかなと見に行くと女王蜂さん幼虫の横で次の産卵。大きく着け過ぎたマークがカエル様に見え“白カエル女王”と名付けま...
返信
0
産卵と出房進み増群してる筈の西洋さんです。暫くの間見られなかった未成熟蜂が今日は5匹ほど出されてました。しかもこの時期ながら雄蜂も。なんか嫌だね。巣房内ダニには効き...
返信
1
寿命悟った蜂は見えない場所に飛び去るそうですが感染で飛翔力落ちた場合には飛べず歩き去っても不思議では有りません。危機意識低い自分は余り気にしてなく数年に渡り感染で...
返信
1
日本ミツバチにスズメバチ捕獲器は要らないと今日2つの巣箱から外しました。中に見慣れない蜂が2匹居てよく見ると眼からアブ。動かなくなってた個体のお腹には白い帯。背側に...
返信
2
巣門近くに着けられる物体。簡単で手軽なナノキャプチャープロなる物入手し撮影しました。60倍から250倍との案内でしたが倍率は使うモニターによるとはひどい説明。疑問に思...
投稿中