ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ニホンミツバチ
当たり前のことだけど、チョット悲しい

toko 活動場所:広島県
数年前は全く興味はなく、蜂ときたら怖いだけの存在でした。というのも、40年くらい前の秋に、寒いので外に干してあった丹前を着た瞬間、肩のあたりに幾度も…もっと読む
投稿日:2018 6/8 , 閲覧 181

今年5月20日に分峰捕獲した蜂、こちらで質問して、回答を頂いた無王群とおぼしき、ソフトボールくらいの弱小群です。


朝早くその巣箱をぼんやり眺めていました。巣門から出るのも入るのも30秒に一度あるかないかの、心細い観察です。


巣門から2匹が並んで出てきました。その内の1匹は直ぐ飛び立ちました。残った1匹はトコトコと底板の端まで歩いて行きました。

2から3秒程止まった後、意を決したように飛び降りました。そして1メートル下の地面に落ちました。

5秒程落ちた所にとどまった後、また歩き出しました。巣箱から離れるような方向に、歩いては止まりを繰り返して、巣箱から2メートルくらい離れた所で見失いました。蜂群の生き残りのため、自力で出来るだけ離れるのでしょうね。

この時期の蜂は1月程度の寿命とか。当たり前の出来事だけど、チョット悲しいですね。

コメント7件

saniman 活動場所:山形県
投稿日:2018 6/8

私も朝、巣門前で亡くなっているミツバチを仲間のミツバチが持って飛び立ち巣の近くの地面に葬っている光景を見た時とても切なくなってしまいました。

仲間に迷惑かけないよう離れて亡くなったのでしょうね。

ヒロパパ 活動場所:宮崎県
投稿日:2018 6/9

巣箱を観察していると、時々同じような光景を見ることがあります。老齢?病気? 何??  ドキドキしてしまいます。

群が元気であれば、蜂達の生まれて、また亡くなるプロセスは自然に流れていて、蜂達の勢いが伝わって来ますが、お話の状況では厳しく、残念です。

toko 活動場所:広島県
投稿日:2018 6/9

saniman さん、ヒロパパさん。コメント頂いてありがとうございました。少ししんみりしている時に、このようなお言葉をいただくと、元気が出ます。これからもよろしくお願いします。

てつ 活動場所:山口県
投稿日:2018 8/10

tokoさん 初めまして てつ と申します。折角 入所した群れが消滅する経験は今年はじめたばかりなのに 何度か経験しました。入った時の喜びと反対に消滅していく群れを見ているのは寂しいですね。

toko 活動場所:広島県
投稿日:2018 8/10

てつさんはじめまして。消滅を幾度か経験されたそうで、残念です。逃亡とは違って、物悲しさが大きいですね。

てつさんのは、矢張り無王群のだったのでしょうか?私の方は、早くから無王群のと気がついていたのですが、現実として俄かには納得できませんでした。

結局、5センチ程度の巣を残して消滅しました。

ハニービー2 活動場所:茨城県
投稿日:2018 8/23

tokoさん、いいね をありがとうございます。

私は、昨年からの捕獲参加で今年1郡入居の初心者です。0.5郡の消滅残念ですね。これも自然の摂理と思います。のこりの郡の飼育、がんばってください。

toko 活動場所:広島県
投稿日:2018 8/23

ハニービー2さん、コメントありがとうございました。

私も3年ぶりの入居で、2回目の夏を迎えている蜂さんには申し訳ないような初心者です。初めての捕獲が、初めての無王群でした。もうその群は居なくなりましたが、貴重で切ない思い出を残してくれました。

残る2群を私なりに見守って(蜜蜂にとっては要らぬお節介ですが)やりたいと思っています。

toko 活動場所:広島県

蜂友マップの投稿

お近くの蜂友を探すマップです。近くの人を探してみましょう。興味がある人がいたら、ミツバチQ&Aのメッセージ機能を使い、お互いにメールアドレスを公開することなく、連絡できます。

ユーザーランキング(日誌)

投稿中