ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
アカリンダニの感染ルートと被害多発時期に関して・・・感染ルートは?何故寒い時期被害が多い?

akityama 活動場所:岡山県南部(平野部)
岡山県で2015年より日本蜜蜂の飼養をスタート。初(2015)年は3群捕獲したものの7月に全て逃去。2016年は春先から5月上旬にかけて6群捕獲(捕…もっと読む
投稿日:10/29 , 閲覧 211

日本蜜蜂はどのようなルートでアカリンダニに侵入されるのでしょうか?年間を通して注意が必要だが・・・特に「秋⇒冬⇒春にかけて被害が多発する傾向にある」のは何故なのでしょうか? 寒い時期にはダニなど死滅すのではないのでしょうか?

+1

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 2

Sambar 3839 活動場所:高知県長岡郡と愛媛県四国中央市
実家の近くで飼育している大先輩と、うちの蜂がおまんくに行ったやら来たやら言いながら楽しくやっております。
投稿日:10/29

こんばんは。

アカリンダニの寄生ルートは、盗蜜等で寄生されている蜂との接触だと思われます。秋から春までの間に群の減少が顕著に見られるのは時期的に産卵、育児が少なくなる事で産まれる数より死亡数が多くなる事、気管に寄生される事で運動能力が落ちて発熱効率が悪くなる事や、体力低下でその他の病気になりやすくなる事が現象として現れているのだと思います。

アカリンダニ自体は蜂の気管に寄生しているので、寒く越冬する時期でも蜂球の中は温度が外気温より高く死滅するような環境下にはなりません。

+7
akityama 活動場所:岡山県南部(平野部)
投稿日:10/29

Sambar 3839さん 早速の回答有難うございます。 盗蜜等アカリンダニが寄生している蜂との接触ですか、花粉や蜜集めに行って接触することも考えられますし、これではなかなか防御が難しいですよね。でも 盗蜜の防御は出来そうですが・・・でも、難しいかな?寒い時期でも増加すること理解できました。かなり対策難易度は相当高いですね。

オタクの蜂飼い 活動場所:岐阜県加茂郡
1970年生まれ、性別♂。深夜アニメとネット小説をこよなく愛するオタクです。仕事先で日本ミツバチを飼育して居るのを見かけ、お願いして教えて貰いながら…もっと読む
投稿日:10/29

akityamaさん、今晩は。

感染ルートについては、諸説在りますが、花などに訪花した時に感染蜂から移るとか、雄蜂が他の巣箱に浸入して移るとか、言われます。

秋から春に多発するのは、夏場と冬場では、働きバチの寿命が違うので夏場は、働きバチが重症化する前に他の要因で死んでしまうからでは無いでしょうか。

また、アカリンダニに感染した蜂は活動が鈍り体温を維持出来無い為とも言われます。

寒い時期にダニは死滅するのではないか?ですが、冬でもミツバチ達の蜂球の中は温かいですよ!アカリンダニにとっても適温なのでしょうね。

+7
akityama 活動場所:岡山県南部(平野部)
投稿日:10/29

オタクの蜂飼いさん 詳しい説明有難うございます。これではなかなか防御が出来ないですね。やはり、事前のメントールや蟻酸投与必要なことよく理解できました。今は私の場合、枝付き乾燥ミントを束ねて巣箱の巣門上部に吊り下げ、時々枯れた葉を揉んで粉にして巣門にいる蜂に振りかけているのですが、気休め程度にかなっていませんね。防御対策もっと考えてみたいと思います。

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中