ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

> 広告を非表示にする方法はこちら
パスワードを忘れた場合のバックアップとしてラインの友達追加をおすすめします こちら

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
この蛾は、ハチノスツヅリガでしょうか? ウスグロツヅリガですか?

おっとり 活動場所:千葉県
ワバチが棲みたくなる洞をつくる。
投稿日:2022 11/1 , 閲覧 499


挿絵は蜂蜜一覧に掲載されている蛾です。

この蛾の名前を教えてください。

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/080/8094360434095078161.jpeg"]



[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/169/16908429322506950983.png"]


下はハチノスツヅリガ

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/137/13758275865587900755.png"]



下はウスグロツヅリガ

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/047/4782257250902094038.png"]
+1

回答 3

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2022 11/1

スムシの成虫ではなく、メンガタスズメ(蛾)に見えます。

おっとり 活動場所:千葉県
投稿日:2022 11/1

ハッチ@宮崎さん

スズメバチらしきものと一緒に書いてあり、それより大きいので変だとは思いましたが、メンガタスズメなら納得できます(恥ずかし笑い)

ご回答をありがとうございました。

ネコマル 活動場所:愛知県
ニホンミツバチはペットではありません。2016年春の分蜂終わった時期外れの6月に待ち箱ルアーを初設置、入居確認は10月で蜂群規模から8月か9月に入居…もっと読む
投稿日:2022 11/1

こんにちは。メンガタスズメガに思います。鱗粉散れて胸やお腹の模様失われたのでしょう。蜜を食  の説明も。

スズメバチは肩の色とお腹裏の模様からケブカが近そう。

トラバチと信州◯◯◯◯バチの解読お願いします。

おっとり 活動場所:千葉県
投稿日:2022 11/1

ネコマルさん

トラバチと信州◯◯◯◯バチの解読????恐れ多い事です。

私には手が負えません。

ご勘弁ください(笑い)

コメントをありがとうございます。

侠客岛のボーダー 活動場所:滋賀県
書籍しか無かった時代とネット情報・動画などが豊富な今、趣味のミツバチ飼育がとっても身近なのでしょうね、飼育放棄や無責任な気まぐれ飼育にならない様に、…もっと読む
投稿日:2022 11/1

こんにちは

PDF ※注意 以下ぼPDFはデータ量が多い

https://www.city.toyota.aichi.jp>projects>default_project>_page_

17 チョウ目(チョウ類) - 豊田市

ク ギフチョウ(アゲハチョウ科,中型,カンアオイ類が食草,日本固有種,愛知県絶滅危惧 II ... クロメンガタスズメについては豊田市内でも詳細な記録がある.しかし・・・本文続く

しかし ^^; このPDFドキュメントは、全文が長くて(データも大きい)読む気になれない。

そこでこう考えた、古い文献のその時代は昆虫の分類も進んでおらず、間違った名称も多数見受けられるけれど、蜂巣箱に来る蛾は数種類居る事実から、大型の奴でも描いとけ!!

もしくは名前も付いていなかった可能性も有り、ハッチさん指摘のメンガタの様にも思えますが・・・

推測:固有種メンガタはドクロが鮮明では無かった、その後外来種メンガタとの交雑で、お面形の姿が定着して、その後命名されたんじゃ無いかと想像。

シュレーゲルアオガエル(普通はアオガエルと呼んでいる)は、アマガエルとは明確に違う部分が有るにもかかわらず、シュレーゲル氏の名を冠する不名誉な事態は、いかに日本がおっとりさんの様な研究者・探究者が少なかったかが解る。推測終わり

+1
おっとり 活動場所:千葉県
投稿日:2022 11/1

侠客島のボーダーさん

今回、私が知りたかったのはハチノスツヅリガの事なんです。

適切な表現での質問が出来なくて申し訳ございませんでした。


結局、家蜂畜養記にたどり着き、セイヨウミツバチを日本に導入する前の1世紀も前に、日本には大きなスムシ(寸)を過ぎる者が居たとの記述が見つかりました。


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/137/13749424955944616406.jpeg"]

小さな者と大きな者と、突き詰めていくのがロマンです。

侠客岛のボーダー 活動場所:滋賀県
投稿日:2022 11/1

ふむふむ >私が知りたかったのはハチノスツヅリガの事なんです

スムシからメンガタシリーズに移ったのかと思ったわ。

スズメバチ困る期間は短いので、スムシで崩壊・巣落ち・逃去・蜜汚染・何とかw・・・これ追及するんですが、否定的コメントにめげずハニーワーム(スムシ)を飼育している者としては、テスト実験なんだと言いたい。

その点おっとりさんはどうかwww? 何か調べた上で試して下され。

調べ物の協力が微力なのは申し訳なしwww

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中