ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
ミツバチ飼育での冬支度とはどのような事をするのか

振聴立直鬼平 活動場所:島根県出雲市
72歳(男)養蜂に興味が沸いたのは18年前、日本ミツバチを(逃亡蜂)1群捕獲したものの飼育(越冬)に失敗。以後待ち箱で待てども全くダメ。少し余裕が出…もっと読む
投稿日:10/11 , 閲覧 256

養蜂1年目、初めて冬を迎えます。ラ式飼育箱(板厚12mmで冬季が心配)で1群飼育中です。初年度採蜜はしてしていません。以前から越冬について心配はしていましたが、冬支度とは何時頃からどのようにすることでしょうか。当地の冬は(冷)西風強く(防風のため当地特有の「築地松」有り)という訳で現在でも木小屋の屋根下飼育中です。冬季の蜜源は多いのかすくないのかよく解りません(一面水田で少ない方かなと思います)今はあまり構わず自然に春を迎えようと思っているところです。このような環境での冬支度についてアドバイスお願いします。実際は、ラ式飼育箱から重箱式に自然落下方式で移動を考えています。年内には現在の飼育箱下段に重箱を継ぎ足す仕組にすることが私にとって一番の冬支度と考えています(下段飼育箱をじょうご式に替え、更に重箱と巣門箱を下に追加という方式を考えています)

参考に飼育箱写真を貼付します(9月にスズメバチが来たと思われる時の写真です)


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/157/15796621042666296847.jpeg"]
+1

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 2

ゴンパパ 活動場所:島根県 東部
平成23年に庭の「燻製BOX」に営巣したのをきっかけのニホンミツバチに興味を持ち細々と続けておりましたが、平成26年2月より本格的に取り組み始めまし…もっと読む
投稿日:10/12

振聴立直鬼平さん、こんにちは。
ラ式での飼育は未経験ですが、板厚12㎜では冬期巣箱内はかなり温度が下がると思います。雨や雪が掛らない場所なら、コモや麻布(ドンゴロス)を巻く方法が簡単でしょう。
冬の冷たい風で巣箱表面の熱が奪われるのを防ぐ訳です。
雨に濡れるから...と云ってビニールやエアパッキンで直接包むと湿気が逃げず内部で結露します。
雨や雪が掛る場所なら、耐水性の材料で巣箱より一回り大きい箱状のもので覆ってください。ダンボールではダメですが、コンパネなら充分持ちます。巣箱からの湿気を放出出来るよう、空間をとってください。巣門部分だけ開けてすっぽり被せるのです。出雲地方は冬、西及び北風が出雲大社方面から吹くので、その方向の風対策をするだけでも効果はあります。丁度、築地松がある方向ですね。
私は板厚24㎜の重箱ですが、外気が最低気温5℃以下になったら対策をしています。

冬の蜜源は貯蜜さえしっかりあれば心配はしなくても良いと思います。暖冬で蜂が中途半端に活動すると、体力を消耗し、活動期と同じくらいの寿命になってしまいます。低温の冬場は活動を抑え(半冬眠状態?)長期間生命を維持し、冬を乗り切る事が出来るようです。

現在のラ式巣箱に巣板は一杯になっていますか?
まだ余裕があるなら重箱で空間を広げるのは春の活動期を待ったほうが良いと思います。

+5
振聴立直鬼平 活動場所:島根県出雲市
投稿日:10/13

ゴンパパさん、アドバイス有難うございます。話はちょっと長くなりますがお付き合い下さい。実は18年前の秋、逃亡蜂を捕獲し何も解らなかったので巣箱とは言えない様なお粗末な自前の巣箱(その時は板厚約10mm程度)で越冬させ、結果巣箱の中で凍死で全滅させた事が有ります。秋からの養蜂は難しいと聞いていましたが少し安易に考えていたようです。(適当な砂糖水を巣門前に置いただけでした)その時は暖冬で雪も降らずとても活発に活動していたようですが、2月に入り夜の放射冷却であちこち水道管破裂の被害が出た事(多分外気温は氷点下7度ぐらいだっと記憶してます)がありました。太陽が昇りとても暖かく感じられる日、様子を見たところ、全くミツバチが顔を出さないではないですか、寒かったから巣箱の中で固まって暖を取っているいるのだろうと思い内検もせず、放置していました。1週間経っても顔を出さない。中を覗けばやはり巣を中心に固まって凍死していました。(数も1/4程度に減っていました)貯蜜も全く無し。食料不足でもあったようです。そんな訳で待ち箱として正規のラ氏巣箱を購入した訳です(日本ミツバチは重箱の方が良かったようです。結局ミツバチはその後全く捕獲出来ず、今年の春知り合いから1群分けて頂いたところです)大体この地域で自然のミツバチを捕獲するのは無理のようです。殖やすには自前で分蜂バチを捕獲するしか無いと思っています。なのでなんとしても無事越冬させたいと思っています。今年は外気に注意してコモでも覆ってやろうと思っています。屋根下での飼育ですが巣箱の板厚が有りませんので当初は毛布を掛けようと思っていました。巣箱の水分がこもらないように隙間を取って覆うのですね。築地松ではとても冷気は防げません。(沢庵漬け用の大根がとてもうまく乾燥できるような冷風が当たる地域です)蜜源も少ないようだし、巣箱をあまりいじらないようにしていましたので、内検はしていません。もう少し穏やかな日に巣枠の点検をして見ます。正しい巣板の状況かか解りませんので上手く写真が撮れたら紹介します。またその時にアドバイスをお願いします(なんせ、家内が虫嫌いなので何もかも私一人でやらなくはなりません。腰痛の私には巣箱を持ち上げるのも大変ですが頑張っています)

kuni 活動場所:三重県鈴鹿市
最近は、少数群飼いをしています。 昨年は、アカリンダニはなんとかなったのですが 児だしでだいぶやられました。まだ、対策の糸口 は見えないないのですが…もっと読む
投稿日:10/12

おはようございます。

冬支度は飼われている地域によって異なると思います。ちなみに三重の鈴鹿

では特に何もしません。お住まいの近くでこのQ&Aでも活躍されておら

れる方がみえます。そういう方にお尋ねされてはいかがでしょう。

+3
振聴立直鬼平 活動場所:島根県出雲市
投稿日:10/12

了解です。おられますので、アドバイスお願いしてみます。

疑問は解決しましたか?

ミツバチの飼育で困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中