ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

ニホンミツバチ
巣房の大きさが左右で違うところがありますがどういうことなんでしょう?

T.N11 活動場所:大分県国東半島
里山の一軒家で田舎暮らしをしながら家庭菜園の傍らミツバチと遊んでいる。
投稿日:10/11 , 閲覧 158

昨日採蜜をしていて巣箱の端の方で巣房の大きさ(深さ)が違うところがあり不思議に思ったんですがこれはどういうことなんでしょう?


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/103/10366414828701337143.jpeg"]


幼虫を育てるためならどれも同じサイズ、形に作ってもいいと思うんですが見たところまちまちです。

これは蜜を貯蔵するために作られた巣房なんでしょうか?

+1

PR

初心者でも安心!ニホンミツバチの飼育情報を毎週お届けするメールマガジンです。詳細はこちら

回答 1

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:10/11

T.N11さん、こんばんは!

入居仕立ての段階では均等に造巣されていたと思いますが、花蜜の搬入に伴い蜜貯蔵に用いられた巣房部の厚みが増した結果端の方に位置した巣脾が相対的に部分的に薄くなったものと考えます。

+3
T.N11 活動場所:大分県国東半島
投稿日:10/12

ハッチ@宮崎さんおはようございます^^

なるほど~ ミツバチたちも家の増改築をするんですね。

投稿中