ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

あなたの質問が同じ問題で悩んでいる人の助けになります

質問するだけでも、ミツバチや養蜂への貢献に繋がります。お気軽に投稿してください。

質問を投稿する

みーみーさんの初めての質問です。ぜひ温かく迎えてあげてください。

ニホンミツバチ
捕獲についてですが素人です。 近所で依頼されました

みーみー 活動場所
この質問者はプロフィールを入力していません
投稿日:5/11 , 閲覧 265

ついて質問、よろしくお願いいたします。

私は今自然に居着いた蜜蜂(多分日本蜜蜂)を今年4月より毎日眺めていますが、全くの素人です。近所で評判になり眺めに来る人もいます。

ネットで勉強はしてますが私が養蜂家と思い込み、近くの神社の板べいの中に3年も居着いている蜜蜂を捕獲してくれと依頼されました。 ご本人は蜜が欲しいのでしょうが、私は巣箱も作ってあるので強制入居させ私の庭に持ちかえりたいのですがどうしたらよいのでしょうか? ちなみに板べいは壊しても良いとのこと勿論新しい板で修復します。宜しくお願いいたします。

回答 3

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:5/11

板塀を開いて全容が見える状態であれば比較的作業はやり易いかと思います。

と申しましても、慣れない作業になりますから初めての挑戦となれば現在の巣板は全部廃棄(蜂蜜を採取することは可能)することになります。再利用が理想ではありますが、諦めてください。

全容が見えたら手前の巣板から、まず振動を与えると巣板から蜂たちが待避して暗い方に逃げますから、これを付け根から切り取ります。同じ様に順に全巣板を切り出してください。

蜂たちはどこか1ヶ所~数箇所に集団する筈ですから、これを網などで捕らえて飼育予定の巣箱に、出来れば自分たちで入る様にして移してください。繰返し行いその中に女王蜂が居れば全体が落ち着いてきます。

落ち着いた段階でこの巣箱を飼育されるのであれば予定地に運んで終了です。

剥がした壁の修復などして完了ですね!

残念ながら100%居着くことはなく、場合によっては逃去してしまうものがありますがこれは仕方なしと考えてください。

はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県
初めまして。名前の最後に「さん」はいりません。打つのが大変だから「はっちゃんさっちゃん」でお願いします。3年目の初心者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿日:5/11

みーみー さま、このような感じで行うようです。

道具を準備したり様々なコツや技術も必要なため、できることなら経験者の方を探して協力してもらえたら良いですね。お住いの情報がありませんが、もしかしたらご近所にいるかもしれませんので改めて呼びかけてみるのも手だと思います。





はっちゃんさっちゃん 活動場所:千葉県
投稿日:5/11

追記です

捕獲収容の作業が終わりましたら、蜂が2度と入れないように入り口を完全に塞いでください。5〜6ミリの隙間さえあれば(それくらいの隙間を最も喜びます)蜂蜜や蜜蝋の香りがプンプンしていますので、すぐに別の群、もしくは来年の分蜂の時に引っ越し第一候補となってしまいますので。

nakayan@静岡 活動場所:静岡県
本格的に始めたのは2015年からですが、13年の9月に柿の木の蜂球を見つけて角洞に飼い始めましたが年を越せずに消滅しました。14年に金稜辺を二鉢購入…もっと読む
投稿日:5/11

みーみーさん、ここには保護捕獲のベテランさんや方法に詳しい方が、ハッチさんを始め大勢がおられますから、差し支えなければ、何県の何市であるかを書けば手伝いに来てくれる方もあるかも知れません。全くの事前知識や蜂を扱った経験がないと、1人ではとても難しい、と考えます。

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中